2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

ねこちか


picture pieces

  • 手作りシュシュ 6
    日々のカケラたち

好きだ!


  • 笑うかのこ様 1 (花とゆめCOMICS)

« 着物は好きだが、着るのは大変 | トップページ | 眠いね、眠いよ »

2004年1月27日 (火)

三ちゃん再び

土曜日交換手続きをした『最遊記RELOAD』アニメDVDが届きました。うふふ。
って、今日気付いたんですが、1巻は第1話だけの収録なんですね。
気付くの遅いよね、自分。
だから値段も安いのかー。ふむふむ。

で。
初回特典として、クリアカード、トランプ、ミニポップアップスタンドの3種類が
ついてきたんですが、このトランプは全7巻(予定)あつめると一式揃うので?
揃わなかったら意味をなさないよなぁ。揃ったところで使うかどうかはまた別話。
ミニポップアップの身の振り方も微妙。飾るとこないよ、ウチ。
やはりこれはこのまま無くさないように仕舞っておくのが無難かと思われます。
んで、時々取り出して眺めてはニヤニヤすんの。(気持ち悪いなぁ)

さて25日の日記で触れた『最遊記RELOAD』のアニメ、出来の善し悪しについて。
この作品は『月刊コミックゼロサム』という雑誌で連載中の峰倉かずや先生著の
『最遊記RELOAD』が原作です。
ちなみに一昨年の頭まで『最遊記』という名前で『月刊少年ガンガンファンタジー』
に連載されておりました。(雑誌が変わってタイトルも変わったんだね。)
ガンガンに連載中は『幻想魔伝最遊記』っちゅー名前でアニメ化されてました。
ワタシと『最遊記(RELOAD)』の出会いは確か『幻想魔伝最遊記』だったと思います。
よく憶えてないんだよな、出会いは。
多分関(俊彦)さんが出てるっていうのを知って、それ目当てで見てたんだと…。
でもある日突然ハマって本屋でコミックスを大人買い。
続けてイラスト集も購入。

出会いはアニメだったけど原作に惚れたんだよね。
アニメも気になるから(主に声優)見てるんですが、が!
原作に心酔するあまりアニメの出来にひとこと物申したいのですよ。
出来、っていうか主に絵面(作画)。
回によって絵面違い過ぎ、変わり過ぎ。
作画担当が変われば、絵面も変わりましょう。変わりましょう!
解りますけどね、変わり過ぎ。原作寄りの時とそうじゃない時の差がありすぎだよ。
スタジオぴ○ろ。
『最遊記RELOAD』アニメ化については原作ファンの方から不安の声が多々あがって
いるようですね。全てを調べた訳じゃないけどさ。ファンサイト巡りなんかしてると
はっきり言っているか、オブラートに包んでいるかの違いはあれどもアニメに対する
不安がみられました。(アニメOK!、っていうファンもいらっしゃいます)

ぴ○ろ、と言えばその昔『幽遊白書』のアニメの時も泣かされたなぁ、と。
『幽遊白書』は間違いなく原作から入った人間なので、そのアニメ化は喜びつつも、
「原作の絵面裏切ったら承知しねぇぞ、このやろう(笑顔付き)」な心境でした。
作画担当がいい時はいいんだよね。いいんだよ。
でも「あれ?」っていう時はどこまでも「あれ?」って状態なんですよ。
多少の違いは解るよ。ひとりで全て作業してるわけじゃないもの。
けどね、あそこは違い過ぎる。
原作付き以外のぴ○ろ作品を数多く見てないので、一概には言えないよ。
アニメ製作に携わった事もない人間に言われたくないだろうよ。

されど一ファンとして見逃せない心があることも解って下さい。
素人目に見てもわかるものはわかるもの。手を抜いてるとかは思わないけど、少しは
隣り合った回の絵面あわせる、ってことを考えて欲しいと思うのは我がままでしょうか?
(最近は諦めモード入ってますけど…)

『幻想魔伝最遊記』のDVDも全巻揃えました。
『最遊記RELOAD』も揃えます。
が、常にその出来に満足してるとは限りません。ごめんな、ぴ○ろ。

« 着物は好きだが、着るのは大変 | トップページ | 眠いね、眠いよ »

アニメの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三ちゃん再び:

« 着物は好きだが、着るのは大変 | トップページ | 眠いね、眠いよ »