2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

ねこちか


picture pieces

  • 手作りシュシュ 6
    日々のカケラたち

好きだ!


  • 笑うかのこ様 1 (花とゆめCOMICS)

« 菅野よう子 | トップページ | ちょっとだけ »

2004年1月23日 (金)

思い出した事がある

来ましたよ、奥様。(誰が奥様)
『機動戦士Vガンダム』DVDメモリアルボックスが!発売日当日に!
何ですか、何のサービスですか、アマ○ン!(通常は発売日の翌日届く)
宅配便が来てチャイムが鳴った途端、小躍りしながらドアを開けましたよ。(怖)

出勤前だったのでDVDの中身は見ていませんが、特典のガイドブック(設定集、
インタビュー等が掲載されている)はめくることができました。
もうワタシそれだけで喜んじゃったんですけど。
レーザーディスク発売時の応募特典かなんかのパネルイラストがかなり豪華。
ガイドブックにイラストだけ載ってたんですが、キャラデザの逢坂さんをはじめ、
メカデザインのカトキさん、石垣さんのメインスタッフ3名に加えて、
川元利浩さん(『COWBOY BEBOP』『WOLF'S RAIN』のキャラデザ、作画監督)、
結城信輝さん(『天空のエスカフローネ』『ヒートガイJ』のキャラデザ、作画監督)、
(あと今掛勇さんていらっしゃいましたが、この方はちょっと知りません:汗)
メンバーがすごいなぁ。つーか、最近ハマってるアニメほとんどこの辺のスタッフだ。
サンライズってすごいなー。

富野監督のインタビュー(まだ全ては読んでません)に書かれてあった言葉、
はっきりと「Vガンダムは面白くない」って…それ言っちゃっていいのか?(汗)
ポスターや帯に「買うのをやめなさい」と入れたかったらしいです、ほんとは。
確かにVガンダムは「面白い」という声が少ないですね。
そんなDVD(しかもボックス)買っちゃったんですけど…。
「自分も買った!」という方、勇気ある告白をお待ちしております。(ぺこり)

そんな浮かれ気分の中でふと思い出した事があります。
ワタシがVガンダムにハマったきっかけと言いましょうか、ハマったというより
見始めたきっかけですな。
当時ワタシは高校生でした。
もともとアニメは好きでしたが、まぁ実写のドラマよりは見てたくらいで、
その筋に詳しいわけではありませんでした。「声優」という職業も知らなかったし。
ところが高校で友達になったアニメ好き(詳しい)の子の影響もあって、ワタシも
すっかりアニメ好きに。
ただアニメ好きとしてスタートしたばかりのビギナーなワタシはちょっと方向性が
ずれていたらしく、次のような考えが沸き起こりました。
「アニメ好きとして『ガンダム』は押さえておかなければ!」
どこからそんな間違った思考が…。今思うと謎です。
アニメ(オタク業界)を勘違いしていたとしか思えませんね。

で、当時たまたま放送していた『ガンダム』が『機動戦士Vガンダム』だった訳です。
これ多分はじめて明かしますよ。師匠も知らないんじゃないかなぁ。
リアルタイムで見てた時はねぇ、さほど面白いとも思ってなかったかも。
あとガンダム全般に言える事なんですけど、イマイチわからん。(爆)
けどキャラが好きだったから見てたんだな、きっと。キャラ重視の人間です、自分。
えぇ、主人公のウッソ少年が好きでしたよ。(あら過去形?いやいや現在進行形で)

些細なきっかけ、というか大きな勘違い(爆笑)から見始めた作品に何故ここまで、
DVDメモリアルボックスを購入してしまうまでになったのか…謎です。(謎かよ)

何はともあれ、手に入れる事が出来て幸せですー。うふ。

« 菅野よう子 | トップページ | ちょっとだけ »

Gシリーズ」カテゴリの記事

コメント

>「自分も買った!」という方、勇気ある告白をお待ちしております。(ぺこり)

作品そのものはCS放送やケーブルテレビのアニメ専門チャンネルでしばしば放映していたりしますが,それはそれとして墓場まで持っていくぞという気持ちで自分も買いました.非常に密度の濃い作品で,見る度に新しい発見がありますし.

>ポスターや帯に「買うのをやめなさい」と入れたかったらしいです、ほんとは。

富野監督の自作に対する批判の言葉は謙遜とか,過去の自分の仕事に対する悔恨の念とか,スポンサーと制作現場の板ばさみ状態での苦しい経験とか,そういう監督としての諸々の思いがああいう表現にさせているんだ,と理解できる程度のやさしさは持ち合わせていたいもんだなと思いましたです.

コメント投稿ありがとうございました。
私もCSで一通り見ていたし、結構値がはるものなので躊躇って
いたのですが、TVCMを目にしてしまったら矢も盾もたまらず
欲しくなり発売日間近ギリギリに予約していました。

ああだこうだ好き勝手なことを書いていますが、富野監督の作品を
きちんと見たのはVガンダムが初めてでした。
監督自身のインタビュー等を読んだのもこれが初めてだったので
少し大袈裟に反応してしまったかもしれません。

1月24日の日記でも触れていますが、Vガンダムは面白いです。
10年前の当時より今の方が心にずっしり感じることが出来ると
思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思い出した事がある:

« 菅野よう子 | トップページ | ちょっとだけ »