2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

ねこちか


picture pieces

  • 手作りシュシュ 6
    日々のカケラたち

好きだ!


  • 笑うかのこ様 1 (花とゆめCOMICS)

« かわいいこを侍らせたい | トップページ | 呟きは静寂の中に »

2004年3月22日 (月)

青春謳歌

週末はおさぼりしてすみません。


土曜日深夜、アニマックスつけたらやってました…


ミュージカル『テニスの王子様』


第一印象・・・・・・・・・・・・・つらい。
何がって、何もかもが。
何故いきなり歌い出すのだ!(ミュージカルです)
しかも台詞にメロディつけたような。(ミュージカルです)
タモリさんも言ってましたけど、あの芝居の途中で歌い出すという
テンションにはついていけないなぁ。
ミュージカルって苦手かも…。


配役も微妙だった。
役者さんが悪いわけじゃないです。
ひとりひとりはイケメンなのでしょうが、テニプリのキャラに配するにはちょっと。
あと舞台メイクだからね、テレビ画面で見るとだいぶ違いますよね。


まず手塚は自分の好きキャラなだけに見る目が厳しかった。
乾が手塚より背が低いのは違和感がありました。
不二はアニメの主題歌を歌ってた方ですよね。不二としてはどうなのか。
敢えて問うまい。(既に問いかけてるって:笑)
海堂も好きなキャラだから、つくり過ぎな感じが残念だった。
タカさんが宝塚ちっくで受けました。
大石副部長はあの髪型ばかりが悪目立ち。
桃城はわりとあってたかな。可もなく不可もなく、といった感じ。


なかなか雰囲気があってたと思うのは菊ちゃんこと、菊丸先輩。
かわいい感じが出ていていいと思いました。
メインキャラじゃないけどリョーマの友達(?)1年生3人組。
堀尾、カチロー、カツオも面白さが出てました。


つらい、ありえないを連呼しながらも結構しっかり見てるな自分。
例えるならばあれですよ、ホラー映画を「こわーい」と言いながら
指のすき間からしっかり見ちゃうという状況と一緒ですね。


で、見続けているうちにリョーマ役の子がなかなかハマっていて
かわいく思えてきました。
クールぶっている小生意気なガキんちょ、という感じがあってましたよ。
そしてユニフォームの短パンから覗く膝小僧に激しく萌えました。
ふははは。
あの骨っぽいラインが…ひざのラインもいいもんですなぁ。
あ、ワタシは自他共に認める『ラインフェチ』です。


ステージの最後に不二役の方が主題歌を歌ったのですが、その際
出演者の皆様がひとりずつ出てきてソロでダンスしていきました。
それがかっこよかった。


今週末にテニプリミュージカル第2弾不動峰編(?)が放送されます。
どーすっかなぁ、と思いながらキャストをチェックすると見覚えのある
名前を発見。
宮野真守さん。アニメ『WOLF'S RAIN』で主人公キバを演じていた方です。


見ましょう。


微妙微妙言ってますが、演技や歌の上手い下手ではありません。
演技の事はほとんど知りませんから。
ただ『テニスの王子様』という漫画をミュージカルにするのは微妙
ということを言いたかったのです。

« かわいいこを侍らせたい | トップページ | 呟きは静寂の中に »

アニメの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青春謳歌:

« かわいいこを侍らせたい | トップページ | 呟きは静寂の中に »