2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

ねこちか


picture pieces

  • 手作りシュシュ 6
    日々のカケラたち

好きだ!


  • 笑うかのこ様 1 (花とゆめCOMICS)

« ちょっとうれしいこと | トップページ | 活字服用中 »

2004年12月12日 (日)

種運命9話感想-ネタバレ有りマス-

先週の浮かれまくった8話の後で、どれだけ落とされるかと微かに心配だった
今週の種運命9話。
アスカガシーンは期待出来なかったものの、さほど沈むこともなく。
まぁこんなものでしょ、と思いながら見ていたら噂の人物登場。




あたしゃ、認めないよ!

(byスピードワゴン←好きです)




あんなラクス、ラクスじゃねぇよ!なラクスそっくりさん。
ザラスキーでカガリ萌えーなアスカガリストなワタシですが、キララクも
好きなんですよ。
そんでおっとりでしっかりな本家ラクスも好きなんですよ。
なので、あの妙にザラに懐いたアメリカンなラクスはミトメタクナーイ!
さらにベタな英語だけインプットされた赤いハロもミトメタクナーイ!
ピンクのハロでさえ受け入れがたかったのに。




“ハロ”って言ったらグリーンだろう!!




動揺する気持ちは解らんでもないが、偽物だってことは早くに気づこうねザラ。
確かめたい気持ちは解るけれども、議長は上手くかわすに決まってるよザラ。
かわされた上に利用されちゃう気配いっぱいだよ、ザラ。
議長がめいっぱい名役者に見えた9話。


実際のところ、あのラクスは只のそっくりさんなんだろうか。
いくら遺伝子操作の技術が発達していたところで、本家ラクスと年格好まで
同じクローンを用意するには時間がかかるのではないのかと思うのですが。
ちょっと似てる人物を整形手術なりでそっくりさんに仕上げた、という方が
説得力はありますよね。
だってギルが議長になって多めに見ても2年内ですよね?
その間の謀だと思うので、クローン説は難しいと考えるのですが…。
それとももともとクローンが居て、それをどこからか情報を得て利用しようと
企んだのか…どちらにしても無理が生じないか。
種明かしちゃんとしてくれるよね。


カガリ達の奮闘も空しく地球連合・プラント間にて開戦されてしまうのですが、
そんなに簡単に核を出さないで下さい、連合軍。…というより、


サン●イズ


それをむかえるプラントの大型兵器、前作のジェネシス改良小型版ですか?
だからそんなものを簡単に出すなと言うておろうが、サン●イズ


それを使われたら連合軍は後退していった訳ですが、それまで自信満々だった
ブルーコスモスの盟主ジブリール(だっけ?)の慌てっぷり。
アンタ何がしたいの?(答え:コーディネイター滅ぼしたいの)
キャラクターとしては前作のアズラエルさんの方が好きだったよ。
声檜山さんだったし。(それは関係あるのか)
嫌なヤツだったけど、キレっぷりがイッちゃってて面白かった。
ジブリールさんもこの後徐々にキレてイッちゃってくれるんだろうか…。


種のファンサイトさんを廻っているとイザーク・ディアッカの人気の高さを
感じることがよくあったのですが、自分がザラスキーなせいか今までピンと
こなかったんですね。悪くはないけど好きでもないよって感じで。
でも昨日の9話見てイザーク・ディアッカいい!と思いました。
いいよ、かっこいいよ。
前作での戦いで学んだことを生かしてる感が出ていますね、彼らは。
大人になったねぇ、と一番感じるキャラたちかもしれない。
あと19歳ってのに何故か萌えた。いや解らんけど、萌えた。


他に気になったところと言えば、マリューさんと砂漠の虎さんの関係。
一緒に住んでるの?
お互い前作の戦争で愛する人を亡くしておりますので、解り合えるものは
あるかと思うのですが、色恋事にはならないんじゃないのか、とか勝手に
思ってたんですけども…一部一緒に暮らしてるっぽい描写が。
いや恋愛は個人の自由だけども…なんとなく、なんとなく。
一緒に暮らしているかもしれないからといって、それが色恋事とは限らないけど。
限らないけど、夫婦くさい雰囲気が無いとも断定出来ない描写に見えた。


他に気になったことパート2。
主人公シンのマユちゃん回想(夢?)シーン。
美しい兄妹愛、と言いたいところですが、ワタシの脳内変換は、




“週刊わたしのお●●ちゃん”




いや好きですよ、シン。
主人公頑張れ。




いよいよザラ女難の章突入か?!な種運命。
いろんな女性の間をふらふらするのは構わんが(構わないのか:笑)、キラの様に
肉体関係まで持ってくれないことを祈るばかりです。
それは違う、それはザラの仕事じゃない。(…気がする)
なんつーか、精神的に相手(カガリ以外の女性)を放っておけなくて庇っちゃう、
側にいてあげちゃう、みたいな揺れ方だと思うんですよ、ザラは。
キラの時は、ナチュラルの中でひとりだけコーディネイターで、自分がやらなきゃ
負けちゃう、死んじゃうみたいな状況で自分しか出来る人物がいないんだ!という
プレッシャーから心が押されて、身体も流されちゃって…な感じだと思うのですが、
ザラは、ザラ一人に何かが掛かってるわけではないよね。今の段階では。
変なところで真面目だから肉体関係は結ばんと思うのですが…。
正直それはヤメて…。(泣)


次回予告のステージでライト浴びて踊っているようなラクスそっくりさんを見て、
FFX IIのユウナの偽物みたい…と思ったことは内緒。

« ちょっとうれしいこと | トップページ | 活字服用中 »

Gシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 種運命9話感想-ネタバレ有りマス-:

« ちょっとうれしいこと | トップページ | 活字服用中 »