2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

ねこちか


picture pieces

  • 手作りシュシュ 6
    日々のカケラたち

好きだ!


  • 笑うかのこ様 1 (花とゆめCOMICS)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005年2月28日 (月)

ハイネ登場-種運命感想ネタバレ有りマス-

腹が痛い…。


(冒頭から何を?)
木曜日からうろうろしていた微熱は土日ですっかり回復。
体力ねぇなぁ、もぉ…(苦笑)なんて笑っていたら、今度は月イチ恒例の
女体の神秘にやられました。いてぇよ、腹。
腹の痛さと腰の怠さにイライラしてくると頭も痛くなってくるしな。
とりあえずジャスミンティーでも誤魔化せなくなってきたら痛み止め飲もう。
今家にバ●ァリンしかないけど、大丈夫かな。服用した事ないんだよね…。
ずっとタイ●ノールだったからなぁ。でも我慢するよりは痛み止め飲んだ方が
いいって言うし…半分は優しさで出来てるんだろ?バ●ァリン。


痛みを紛らわす為にも“初見で語ろう種運命”19話いってみよー!




本編の前に「また」で申し訳ないが次回予告から…


復活!『週刊 わ●しのおにいちゃん』


多分次回は重い話であろうことがうかがえる予告に咲く一輪の萌へ。(違)
ごめん、シン。シンの事は好きだが…妹思いの君の事を微笑ましいとも思うが…
やっぱり兄妹であの追いかけっこは、というかあの君の回想シーンは問題だ


さて本編。
今回はいろいろとおかしいことがあり過ぎて突っ込みどころ満載の笑うしかない、
笑いも苦しい回であったが、まずコレ↓を突っ込みたい。


なんだ今回の絵面?(特に前半部分)


おかしいだろう、明らかに。
描く人によってなんらかの違いが出てくるのは仕方ないにしても、少しは前後を
見て合わせろ。回ごとに絵面が安定しないのは●●●だけにしてくれ。


■ミーア&ピンクのザク、そしてザフトの皆さん。
ファーストファンに怒られそうだな、あのザク。なんかペイントもしてあるし。
ハイネさん初登場だけど、アレの護衛じゃ哀しいだろうに。
もうミーアの歌と踊りは諦めて(諦めるなよ)、それよりも、それを大盛り上がりで
迎えるザフト兵がおかしいです。おかしいっていうか、かわいそうな子達
ピンクのザク操縦してる人もそんなノリノリで操縦しないっ。
もはや「確かに感じかわりましたよね」(byメイリン)なのはラクスというよりも
ザフト兵の皆さんだと思いまぷ。


■情けないザラと女難のひとつかホーク姉妹。
ミーアの登場にそこまで驚かなくてもいいだろう、ザラ。
作画おかしくて直視出来ないザラって始めてだよ。今まではそんな事無かったのに。
ホーク姉妹に囲まれて曖昧な返事しか出来ないザラとか、シンに突っ込まれて(?)
生返事しか出来ないザラとか…情けねぇ。
鈴村さん(シン役)に雑誌のインタビューで「情けない」と言われていた意味が
解った気がしたよ。いくら知らなくてももそっと歯切れよく答えろや。


ホーク姉妹…ワタシ個人的にはルナマリアがアスランに対して抱いてるのは軍人と
してというかMSのパイロットとしての憧れで色恋沙汰とは違うものだと思ってて、
婚約者や恋人を押しのけてまで親しくなろうとかは思ってないんじゃないかなと。
憧れの先輩に色々聞きたい、自分自身のスキルアップの為にも何かを吸収したい、
と思って近づいているんじゃないかなと思ってます。というかそうであって欲しい。
対してメイリンは恋愛対象として近づいているから、お姉ちゃんには負けたくないと
対抗している感じ?ルナマリアにはその気がなくても、自分がそういう気持ちでいる
から目的同じだと勘違いしてるんじゃないかなぁ…。
で、ルナマリアは妹のあからさまな態度がザラを過敏にさせて、その気のない自分
まで敬遠されると困るからメイリンにはくっついて欲しくない、みたいな。


そしてザラは状況がどうであれ一国の代表首長であるカガリを公で「自分の恋人だ」
と言える立場でもないし、しかもザフト(プラント)では未だにラクスとの婚約が
存在してて、ラクスも(蓋を開ければ偽物だが)プラントに居ることになってるから
ザフトに在籍している手前、婚約者であることを否定もできないんだろうなぁ。
情けないけど、それもかわいそうだわね、ザラ。


■ギルとレイ。
抱擁はいいんだけどさ…絵がね。レイの表情が乙女過ぎて泣ける
その場にいたタリアさんもこう思ったに違いない。
「あんなレイ、シンとルナマリアには見せられないな」と。


後半の「艦には自分が戻ります」発言のレイはかわいいと思った。
レイにとって昇進や受勲よりもギルに会えた事の方がうれしいんだぁ、みたいな。
この時は素直にかわいいと思ったさ。絵も通常に戻ったし。


■ハイネ登場。
もっと喋れ、というのが素直な感想。レボレボの熱烈なファンという訳でもないが。
ほんとに出てきただけかよー。これから絡んでくれるんですよね、皆さんと。
“ハイネ・ヴェステンフルス”という名前、雑誌で由来を知る事が出来たのですが、
ハイネは前回の感想でも触れた通り声を担当しておりますレボレボのバンド時代の
名前で、それだけかと思ったらファミリーネームのヴェステンフルスにもドイツ語で
“西川”というような意味になるそうな…。
どこまで西川ヲタなんだ、監督


■ギルの戦争商売語り。
まー、リアルな話を…。好きですけどね。
回想シーンでアズラエルさん。そうだ彼は武器商人(RPGかよ)だったね。
確かに戦争の為の商売(逆も然り?)って存在するんですけど、それを前線に居る
兵士に言うのはどうかと思われますね。タリアさんも止めようとしてたけど。
そんなのいちいち気にしてたら自分の命も危ないがな。


■あからさまでも嬉しいアスカガシーン。
あのシーンがなければザラ情けないままで終わってたよ、ワタシの中で。
いやアレで情けなさが一掃されるものではないけどさ。
カガリのことや自分がなんでザフトに戻ったのかということを忘れてない、という
演出がないとさ…。こっちも不安になるよ。
よかった。やっぱりザラにカガリは居なくてはならない人だよ。再確認。


■ミーアと謎の関西弁。
関西弁の付き人だか、マネージャーだかいたでしょ。なんで関西弁なんだ?(笑)
ミーアの衣装は不思議だ…あれ、どーなってんの?
ラクスの時のようにガイドブックとかで衣装の説明してくれないかしら。
そして妙にザラに懐いてるね、ミーア。それもギルの演出なのかい?
エースと歌姫の恋でプラントが今更盛り上がるとも思わないけど。
でもミーアのライブであれだけ盛り上がれるザフト兵の皆さんがいるからな。
油断はできん。


■ギルは黒いな、役者だな。
だからザラにミーアとの食事を勧めるな…ギル
アークエンジェルを見つけたら何するつもりだ、ギル
視聴者は言葉通りには取らないよ…。
ザラは少し疑った方が良いよ。あなたギルを信用しすぎよ。
キラの事伏せてもギルは全て知ってそうな気もするな。
でもちょっと楽しかったよ。「キラがいるからラクスも…」って。
うふ、キララク。(萌えれば何でもいいのか、おまいは)
AAの情報提供をザラに求めるギルに、しっかり「議長も」と言うザラ。
良かった、求められるだけじゃなくて。そこであっさり帰してしまっては、な。


散々語っておいてなんだけど…カガリまだ?(うをぃ)




--------------------------
・「ラクスさん変わりましたよね」はメイリンの台詞だった。(汗)
・連合3兄弟のこと全然触れてないし。
・ミリアリアのことも触れてないし。
・ミリィはかっこよくなった気がしますね。大人の女性って感じ。
・早く台詞有りで話に絡んでこないかなぁ。
(3月3日修正・加筆)

2005年2月25日 (金)

切ない話

一度は退いたかのように思えた昨日の微熱は明け方ぶり返した模様。
朝目覚まし無しでは起きられぬ…というより目覚ましあっても無理!
な、ワタシが『めざましテレビ』の音で覚醒。
頭は起きてるんだが、だるくて体は起こせない。
しかもがっつり布団を被っているくせに薄ら寒い。
時間通りに鳴り出した時計のベルの音が妙に気に触る。
体調よろしくありましぇん。


師匠を送り出した後再び布団の住人。熱をはかるとまたもや微熱。
しかし今度は頭痛もあったので潔く「欠勤」の電話を入れました。
こんな状態であの風邪っぴきの巣窟に行くのはためらわれましたので。
昼まで寝こけてました。


昔から熱を出すと夢見がよくなかったのですが、今日も例外無くよくない
夢を見ました。
(余談:夢というのは毎晩見ていて、それを覚えているか覚えていないかが、
 見た見ないになってるようですね)
よくない…というか切ない夢だったな。
一昨年亡くなった祖母が出てきました。
内容はよく覚えてないんですけどね、只、夢を見つつもどこか目覚めている
状態でもあるので、祖母が(夢の中では)そこに居るんだけど実際にはもう
会えないことも理解してて…その落差に涙が出てきました。
祖母が体を悪くしてからはなかなか会う事がなくて、育ててくれたことに
いくらも礼を返す事が出来ないままだったので余計にね。


それにしても亡くなった直後から1年くらいはほとんど見る事がなかったのに、
ここ最近はよく祖母の夢を見ます。
そしてその時は必ずといっていい程泣いている。
会いに来てくれているんだろうか。

つーか、これ書いてて目が潤んできちゃったよ…。(弱)

2005年2月24日 (木)

後ろに控えてます

昨日の夕方から少し体調が芳しくないです。
昨日は喉が、今日は鼻の奥が痛い…これは風邪の前兆か?
「周りからもらうことはない」等と豪語していた矢先にもらったか。(笑)
インフルエンザも流行ってるようだしな。

ないとは思いつつ熱をはかってみると37度と微熱が…。
少しでも本格的な風邪になるのを防ごうと午前中はずっと寝ていました。
仕事を休む程ではありませんが、気を抜くとヤラレそうです。

なんだか風邪がワタシの後ろに控えて、出番を待っているようなそんな心境です。

2005年2月22日 (火)

カガリ来い!-種運命感想ネタバレ有りマス-

こなさん、みんばんは!ジャ●キーお…




<しばらくお待ち下さい>




失礼致しました。
さて“初見で感想種運命”のお時間がやってまいりました。
日曜日に見て、それ以後は一度も見ていないので記憶がちょっと…な
ところもあるやもしれませんが、それはそれで勢いで乗り切りたい!
(はいはい、いつものこと)
では以下18話感想です。


の、前に…


なんだか次回予告に持っていかれた気がする。


というのが正直な話。
のっけから予告の話でごめんなさい。
ピンクのMSにミーアさん、オレンジのMSに新キャラハイネさん。
いやにカラフルな次回予告だったな…。
新キャラハイネさんはレボレボが演じるそうで。
しかも“ハイネ”という名前はレボレボのバンドマン時代の名前だそうで。
監督が西川ヲタだというのは本当ですか?
それはそうと…
正直見た目は前作のミゲルさんの方が好みなんですが、何故かハイネさんに
トキメキました。来週が楽しみだ。いろんな意味でな。


気を取り直して本編の感想ですが、今回もザラがかっこよかったわりには
淡々と見てました。
やっぱりカガリがいないと物足りない気がするなぁ…。
イマイチ盛り上がりに欠けるというか、いや毎回盛り上がってばかりも
いられないろうが。
ザラスキーだと思ってたんだけど、実はカガリスキーだったのかしらん?


■シンに師匠の言葉を借りてひとこと。


「もっと大人になれ!」


↑ウチの師匠がアニメやドラマなんかに出てくる、ちょっと落ち着きない
子供に対してよく言う台詞。
普段はそれを聞く度に「まぁまぁ」「子供なんだから」と宥めていたのですが、
何かとザラにつっかかるシンちゃんに心の中で突っ込みました。
やっと主人公らしい出演時間になってきたと思ったら、突っ込んでるし。(笑)


■「あたし予防線張られた?」(byルナマリア)
それは何に対しての予防線なのか…。おねぃさんはそこが知りたい。
女難についての予防線ならばどんどん張ってくれ。ぜひ張ってくれ。


■「さぁ…」(byレイ)
上記ルナマリアの台詞に対するレイの答え。イイね、レイ…イイね。
その「俺に聞かれても…」的な返事がイイね。
なんでもないやりとりなのに、この二人だと思うと楽しいよ。盛り上がるね。
(盛り上がってるじゃねぇか)


■作戦成功で見せたザラのふたつの表情。
作戦終了後、文句ぶいぶい言いながら作戦を成功させた部下(シン)に見せた
「よくやった」といった時の表情と、連合軍を排除して盛り上がるレジスタンス
及び町の人たちを見た時の表情。
あれで全てが解決したわけではないので、ああいう憂いた表情も映してくれた
演出はよかったと思う。


ザラ、イイ…。


と、思ったもんね。




うーん、ほんと淡々とした感想になっちゃいましたね。
種運命という作品としては進んできて面白いと思います。
ただ腐女子として物足りない。カガリ早く出てきてー!
・・・って、純粋に話を楽しめよ。(笑)

2005年2月17日 (木)

風邪流行ってますね

ドライバーさんを含め、職場の人たちの大半が風邪っぴきでして、
マスク装着の鼻声ブラザーズ状態。
外から帰ってくるたびに「もう駄目…」と虚ろな目で呟くドライバーさん達。

・・・お疲れさまです。

ワタシは今のところなんともありませんが、この先も気をつけねば。
でもワタシの場合、人から移った風邪よりもあきらかに自分自身の
油断からひく風邪の方が多い気がする。
なので大抵世間的に風邪が流行っている時期にはピンピンしていて、
誰も風邪なんかひかない(ひいてない)時期にどーんときたりします。
なんで今?みたいな、夏風邪とかひいちゃう。

よく「ズレている」と言われるワタシだけに風邪をひくのもズレが…。

ま、それはおいといて。
皆様も気をつけて下さいませ。

2005年2月16日 (水)

簡単で美味

昨年末イメカさんのところで紹介されていた『シナモンアップル』
師匠に「今度作ってみてよ」と言われ、「そのうちね」と答えてから
早数ヶ月…昨日やっと重い腰をあげる。


イメカさんの記事にあった作り方はこちらだったのだが、横着なワタシは
もっと簡単に出来る方法はないかとググってみる。


“ホらデッキ”さんの『シナモンアップルの制作』が4番目に出てきた事に驚いた。


そうではなくて…
やはり紹介されていた作り方が一番簡単そうなので夕飯の準備を済ませ、
師匠が帰宅するまでの時間を利用して調理開始。


りんご1個にブラウンシュガー又はグラニュー糖大さじ3とな。
ブラウンシュガーは近所のスーパーで見かけなかったのでグラニュー糖使用。
大さじ3、て多くないか?ま、具合をみて入れるか。
シナモンパウダー少々。
あればミントの葉。そんなシャレた物は買った事がないのですが…。
なくてもよさそうなので割愛。


りんごを皮ごときれいに洗い、芯を取り一口大に切る。皮付きのままでよいの?
ちなみにりんご1個では物足りない感じがしたので2個で作ってみることにしました。
炒めやすいように、砂糖やシナモンパウダーがなじみやすいように小さめに切る。
フライパンにりんご、シナモン、砂糖を入れて中火にかけ2〜3分炒めシナモン
パウダーをからめる・・・・・シナモンとシナモンパウダーは違うのか?
つーか材料のところにはシナモンパウダーとしか書いてませんが。
まぁいい。とにかく炒めればよいのだな。
砂糖は2個分を単純計算すると大さじ6になってしまうのですが、さすがにそれは
多いと思ったので、とりあえず大さじ4で。


デザートなので焦がしてはいけないと思いぐるんぐるんヘラでかき混ぜる
焦がしてはいけない気がするのでガスの火も中火よりもやや小さめ。
2〜3分ではしんなりしてくれませんが…。
ぐるんぐるんかき混ぜながらりんごさんがしんなりしてくれるのを待つ。
なりまへん。
そうこうしているうちに師匠から帰る(迎えにきて)コールが。
返事→「今シナモンアップル作ってるから、しばし待て」


夫よりもデザートを優先する妻。


なんとなくそれらしくなったところで火を止め、師匠を迎えに家を出る。
約15分後帰宅。
フライパンを覗くとしんなりイイ感じに。時間をおくとよかったのか…。
一口味見。


んまぁ〜い!(訳:美味い)


夕食後デザートにプレーンヨーグルトをかけて食べてみる。これまたうまい。
ひとり「うまい」を連発していたら「自画自賛か」と言われる。
いや、でも美味いって。


すっかり気に入ったワタシ。りんごはまだまだあるからまた作ってみよう。
今日もヨーグルトをかけて食しました。紹介してくれたイメカさんに感謝です。


完成品↓
apple

2005年2月14日 (月)

製菓会社に踊らされてたまるか

今日はバレンタインデーですね。
ウチですか?これといって何もなく…。
チョコレートを買ったところで買った本人の方が沢山食べそうですし。
気持ちが大切だというのならば普段からなんかしとけって話です。
冷めてるのかなぁ…。


そんなワタシもお付き合いを始めた頃は年頃の娘さんらしく準備なぞ
しておりましたのよ。誰も信じてくれないだろうけど。
明るい男女交際を始めて最初に迎えたバレンタインはチョコと一緒に
手編みのマフラーなんぞ贈ってみました。


デンジャラス!


愛の告白に手作り物を使うのは危険ですが、お互いの気持ちを確かめ
あった後だから大丈夫よね。
あ、自分の髪の毛を編み込んだりはしていません。
とりあえず一度はプレゼントしてみたかった手編みのほにゃらら…
マフラーにしたのは不器用だったので失敗の少ない物を選んだ結果です。
毛糸も2色しか使っていません。


バレンタインデーといえば1ヶ月後のホワイトデー。
ワタシはほぼ自己満足の手編みのマフラーの見返りにあろうことか「指輪」
を要求し、実際買ってもらいました。しかも小さいながらも石がついてる。
怖い物知らずな…。若かったね、自分。


ちなみに件のマフラーは現在編んだ本人が使用しております。
贈った相手はあまりマフラーしない人間だった…。(ガクッ)

2005年2月13日 (日)

狸-種運命感想ネタバレ有ります-

おおっと、一週間も空けてしまいました。
生きてます。元気です。ピンピンしてます。
9日から休みをとって師匠の実家に帰省してました。
温泉に連れていってもらって、うまいもんごちそうになったり…。
11日に戻ってきてそれからダラダラした生活を送ってました。
気が付くと明日はバレンタインです。
特別なことはしない予定ですが、何かしたほうがいいですか?師匠




昨日の種運命17話、第一印象で語ってみよう!のコーナー。
いつもちゃんと見てから書こう、とか思うからいけないのよね。
見たらそのままのテンションで書いてしまえばいいのよ。
と、今更ながらに思いましたので一回見たきりで書いていきます。
なので、あやふやなところやつじつまの合わないところがあっても許してね。


■ラクスのそっくりさんミーア・キャンベルのプロデュースした奴誰だ?

ギルか?ギルなんかぁー?!

ハジケ過ぎだろう、あのラクス・クラインは。
ザフトの皆さんおかしい事に気づこうよ…。ラクスだったら何でもいいのか。
あれじゃ色物にされておしまいじゃん。
それを見てる本家ラクスが…怖いような、切ないような。キラも怖かったしな。
まぁキララク色が出ていたシーンでもあったのでよいですが。


■「あからさまだなぁ」と思いつつもアスカガシーンは素直に喜びます。
ザラを思うカガリ…「アイツ何してるんだろ」というような台詞と共に映し
出される左手薬指の指輪。

あからさまな!狙い過ぎだ!しかし顔は緩む。

やっぱりAAに乗船してからは種時代のようなカガリらしさを取り戻した感が
あるんでしょうかね。いや、これからだと思うんですけど。そういう描写も。


■レイ・ザ・バレルにもっと出番を。
シンが主人公らしくなってきたと思ったら、レイに惹かれ始めてます。
ルナマリアとシンのやりとりを見守るレイ…口挟まないあたりがお兄ちゃんっ。
そんでシンが去った後ルナマリアに向いた時の表情、ナニ?
17話中一番喜んだシーンです。レイルナか…それもまた良し。(は?)
レイいいよねー。なんか最近すごく気になる。もっと出てー、喋ってー。


■ミネルバクルー若者組。
メイリンはお年頃。ヨウランとヴィーノもお年頃。
メイリンが容姿を気にし出したのはやはりザラ絡みですか?
お姉ちゃんのスカート入らなくても嘆く事はあるまい。
お姉ちゃんはパイロットで日々体を鍛えているのだ。
ヨウランとヴィーノの話題はラクス(ミーア)のことですが…だからおかしい事に
気づこうってば!露出度があがって、おっぱいぼいーんって感じが好きというのは
年頃の男の子らしいと思いますがね…本家を知ってる人間からすればおかしいよな。


■ザラが大人に見えるけど、ミネルバクルー若者組と2つ3つ違うだけなんだよね。
「聞こえてるぞ」と言った時のザラも、シンに助言(?)した時のザラもイイ!
ラクスの婚約者だと言われても、ザラもラクスも心は別の人にあるからなぁ…。
どこか他人事な感じで聞いてるのかも。早くカガリに会えるといいね、ザラ。
つーか、女難ていつ?


■タリアさんの「狸」発言。
17話一番の名台詞だと思ふ。愛人は愛人でしかないのかねー。


あれ?結構少ないのな。見てる時はもっといろいろ突っ込んでた気がするんだけど。
余談ですが、ミーアのライブシーンが出てきた時の我が家の反応。


師匠・ワタシ「「ま、マク●ス?」」


実話です。

2005年2月 6日 (日)

なにがなんだか

起きたら3時過ぎてました。
もちろん午後…。


あぽーん


めげずに『サムライチャンプルー』第1話と第2話を見ました。
お、面白いよ…。
第1話はちょっと演出についていけなかったりもしたけど、許されるなら
最後までぶっ通しで見たいよ。
ああああああ、なんで3時になんか起きてんねん!自分。
いいもん、時間つくって地道に見てやるもん。もん。


そうこうしているうちにまた別のが録りたまっていくんですよね。あはん。

2005年2月 5日 (土)

駄目だっ!

萌えを全部『巌窟王』に持っていかれたっ!!




そんな種運命放送日の土曜日です。
リアルタイムで種運命16話を見たんですが、その後録画しておいた『巌窟王』を
見たらですね…冒頭のような心境になりました。
種運命16話も面白かったですよ。ザラ格好良かったし、セイバーも好きだけど。
やっぱり予告までカガリの出番がなかったのがイタかったか…。
来週は萌え萌え出来るんじゃないかな、種運命。(萌え萌え言うな…)


『巌窟王』はモンテ・クリスト伯爵が好きなんですが、同じくらい好きなのがエデ。
出番少なくても…美少女はいいよね。いや美少女がどうこうより、伯爵とエデの


年の差がいいよね!


どーも年の差カップルに弱くて…。
第十三幕「エデ」のエデの回想シーンなんか、伯爵●リでもOK!みたいなね。
相手が幼くてもレディとして対応する伯爵が素敵。
しっかり目線合わせて手の甲に接吻されたら、そら惚れるね。
けどなー、話の流れ上幸せな関係とは言えないんだろうしなー。
お互いを大切には思ってるんだろうけどね。
伯爵は復讐を止めないだろうし、エデは彼の復讐を止めたいと思っているけれど、
その覚悟を一番解ってるのも彼女だろうし…。
自分の中にある復讐心が消えていない事も確認してしまったしね。
でも、幸せになって欲しいと思うの。


伯爵とエデの切なさ加減に酔いつつ、アニマックスで『ギャラリーフェイク』の
プレミア放送やってたので見る。
主役が森川智之さんだった・・・・・ぐぉー、イイ感じ
内容も面白そうだし、ハマりそう。ってか、ハマる…きっとハマる。
漫画読みたくなる、絶対!
本放送は来週からです。


『ヒートガイJ』もう少しで終わるし…『サムライチャンプルー』片付けたら
CoCoon様大丈夫だよね?(誰に聞いてる)

2005年2月 2日 (水)

きみはおぼえて〜いる〜かしら〜

約半年前、アメリカのSFドラマ『STAR TREK : THE NEXT GENERATION(TNG)』に
出演しているPatrick Stewart氏(ピカード艦長役)のお誕生日をバースデーケーキを
買って勝手にお祝いするという企画をココで実行しました。




あの時のケーキの味が忘れられない!!
(ケーキの味かよ…)




ということで今日は同シリーズのData役を演じたBrent Spiner氏のお誕生日を、また
ケーキを買ってお祝いしてみたいと思います。
わー、ぱちぱち。どんどん、ぱふぱふっ。


しかし、今回はBrent Spiner氏の誕生日が今日2月2日だということをものすごいつい
最近に知りましたのでバースデーケーキの調達には間に合わず、既製品で失礼します。


師匠に「お前のDataへの愛はそんなものか?!」と言われましたが、




愛は形じゃない!




大きさでも、ましてや値段でもないのだ。
祝いたいという気持ちが大切なのだよ。相手はもちろん自分も楽しまねば。


そんなわけで自分が食べたいケーキを購入してきました。
“マロンロール”というそうな…↓


kuri


断面はこんな感じ↓


kuri2


おいしそうですね。




さて。
やはりDataへの思いなんかも書いた方がよろしいのでしょうけど、まとまらないので
以下軽くスルーして下さい。

「アンドロイド」なんですよね、彼は。
ワタシは“人間”でないものに心惹かれることが多いです。
人間以外の動物であったり、昆虫であったり、植物であったり…。
人が作った…たとえばロボットといわれる物であったり。
それらが擬人化されるとますます好きになったり。
Dataはアンドロイドなので始めから人間に似せて作られていますが、
人間ではありません。
でも人間に近づこうと学び、習い、日々を過ごしているわけです。努力もする。
けれど人間になることは出来ない。人間より優れたところも持ちながら、人間特有の
矛盾みたいなものを欲したりする…のかなぁ。
いやぁ、よくわからないんですが。(笑)
人間に似ていて人間ではなく、しかし人間よりも人間臭いんじゃないかっていう
部分とか、人間ではない故の着眼点や思考の違いとか、時にそれは絶妙なズレを
生み出して周囲の人間(主に宇宙船のクルー達)の人生をも楽しくしてるんじゃないか、
とか思ったりします。

Dataの人生はとてもよいものだと思うのですが、そのあたりどう思われますか?
Spinerさん。

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »