2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

ねこちか


picture pieces

  • 手作りシュシュ 6
    日々のカケラたち

好きだ!


  • 笑うかのこ様 1 (花とゆめCOMICS)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

2005年4月21日 (木)

ほろっときたよ

今日『巌窟王』の第23幕「エドモン・ダンテス」と最終幕「渚にて」を見ました。
ちょっとネタバレチックになるかもしれませんが。


よかった、よかったよ。
23幕なんてほろっときたもんね。は、伯爵…。(涙)
なんというか見ていてドキドキ・ワクワク出来るのはいいと思う。伯爵の復讐が表に出てきてからはもうどうしよう、ってくらい毎回ドキドキしてました。


あと外せないのは伯爵のキャラクターですかね。
モンテ・クリスト伯爵としての彼はすっごい紳士で、でもちょっと謎(というか影のようなもの)めいたところがあって、そんな人に「友人になってくれ」言われたらそら落ちるわ。(笑)
巌窟王と契約した復讐の鬼のような彼もいいです。人間の形をした人間ではないものみたいな。復讐の為に自分すらも捨てるような。
いやー、しかし…中田譲治さんの伯爵はいいですね。毎回伯爵の出演を楽しみにしてました。


こんなに嵌るとは思いませんでしたが、最終話まで見ることが出来てよかったです。

2005年4月20日 (水)

4周年

今年は餃子でお祝い。


っつーのはアレですが…。(笑)
週末に仕切り直すことにして、次は5周年ですし来年はどかんと派手にやりますか?師匠。

2005年4月18日 (月)

宿がないなぁ

accessツアーのチケット振込はぎりぎり先週の金曜日(15日)に済ませてきました。
以前にもここで触れた通り、今回は7月6日の東京・中野サンプラザのみの参加です。


で、


チケットも(とりあえず)予約したので、次は宿でも…と思い午前中ネットで宿探しをしておりました。


が、


7月6日に空いてる宿(ビジネスホテル)が少ない…。
食事は無しで出来れば一泊5〜6千円で収めたいのですが、空いてるのは料金高めのところばかり。安いとなるとカプセルホテル。寝るだけとはいってもカプセルホテルは避けたいし。
あとは、あまり地理が得意ではないので沿線もわかりやすいところがいいのです。
ライブ翌日はそのまま午後から出勤するので移動に時間がかかっても困るから。


まぁ、まだ時間はあるのでもう少し探してみたいと思います。

2005年4月17日 (日)

消化、消化、また消化

種運命25話の感想を書かないうちに26話放映日になってしまい、流石にもう一度見ないと書けないなぁ…とか思いつつCoCoon様に録りたまった番組消化に半日を費やしました、ひろすけです。


今日は師匠が資格試験の為朝7時起きでしたので、洗濯しつつのんびりCoCoon様の中身を消化しておりました。
しかしものの見事にアニメしか録画してませんなぁ…フ●テレビ721にて放送している『ワンピース』2話連続放送なんて4話(つまり8話分)くらい溜めてましたよ。あまりに溜まってくるともう諦めようかな、とも思うのですが、見るとやっぱり面白いのですよ。
『ワンピース』と言えば、我が父は『週刊少年●ャンプ』を購読しておりまして、ワタシも高校生までは読んでおりましたが、実家を離れてからはほとんど読むことがなく…というかあまり読むものがなくなってきたので、去年未だ購入している父に読み応えはあるのかと「最近おもしろいのある?」と聞いたところ、


「そうだなぁ…一応全部読むけど、面白いのは『こち亀』と『ワンピース』かな」


と申しておりました。
『ワンピース』面白いですか、お父様…。
すかさずワタシも「『ワンピース』はテレビで見てるよ!」と宣言しておきました。(何の為に?)
そんな父は昨夜ほろ酔い加減で「今ママとデートしてきたよ」と飲み屋帰りの車の中(母運転:母は一滴も飲めません)から電話をしてきました。受話器の向こうから母の怒号が聞こえてきたような気がしたけど、大丈夫かしら…。
ま、よくある家族風景のひとつですが。(嫌な家族風景だな)
そんな父にワタシ瓜二つなんですよね…ここは悔やんでみるべき?(笑)


しまった!家族の話が長引いてしまった。ワタシの話のネタの多くは趣味を除けば家族の話ですから。ネタになる家族なんです。うふ。(笑い事か)


だいぶCoCoon様の中身が片付いてきたので種運命も見ようと思ったのですが、これから師匠を迎えに行ってきますので、またも先延ばしです。
2話連続でアップ、とかいう荒技にチャレンジしてみようかしら?
2話くらいで荒技って…チャレンジって…なんて狭い子。


アニメといえば新番組『交響詩篇エウレカセブン』(リンク先Flash有り音有り)を見ました。今日から毎週日曜朝7時放送(TBS)なのでCoCoon様に予約をしてあったのですが、今朝師匠と共に早起きしましたのでリアルタイムで見てみました。
第1話を見た感じでは「おもしろそう」です。
そんなアニメ業界のことなんて全然詳しくないので、こういったことは簡単に言ってはいけないとは思いつつも叫ばせて下さい。


ちくしょう、BONES。またしてもワタシを嵌めるかぁ!


制作会社で全ての番組を選ぶ訳ではありませんが、BONESの作品はどーもワタシの琴線に触れるものが多い気がします。
『WOLF'S RAIN』に始まり『ザ・マーズ・デイブレイク』、『KURAU Phantom Memory』と見たら面白かった、嵌ったっちゅーのが続いてます。
原作付きなので微妙ではありますが『鋼の錬金術師』や『エンジェリックレイヤー』も結局見ましたしね。
話の内容がまず一番だとは思うのですが、BONES作品は全体的に絵面が安定していて見易いというのも外せない気がします。
『交響詩篇エウレカセブン』はアニメ雑誌等の情報ではそんなに気持ち動かなかったので、これはいいか…と思っていたのですが、見たら面白かったよ。
メカがどうも『マーズ〜』と似てる気がしないでもないが。まぁそこは愛(?)でカバーだよ。

2005年4月15日 (金)

インターホン越しの攻防戦

午前中家でぽややん、と過ごしていたらチャイムが鳴りましたのでインターホンで応対。


相手「○○町から来ました××というものです。」


ワタシ「はい?」


我が家に予告無しにやってくるといえば宅配便か、セールス・宗教関係ぐらいなものですが今日は後者のようで…声の感じは中年女性っぽい。
日頃セールス・宗教関係が来た時は、相手に姿が見えないのをいいことに「家(大人)の人が居ないのでわかりません」でかわしています。
なので今日もそれでいこうと決めて、とりあえず先を聞きます。
(余談ですが某受信料もそれで断っていたら、何度目かの訪問の際「いつも(大人の人が)いらっしゃらないんですね」と嫌味を言われたことがあります。:笑)


相手「ボランティア活動をしているのですが、今日はご近所を回ってお話をさせてもらっています。今お時間よろしいですか?」


ワタシ「あー…今大人の人居ないんで。」


相手「あ、学生さんですか?」


ワタシ「ええ」(面倒なのでそのまま肯定)


相手「高校生?」


ワタシ「え…あー、はい


あ、肯定しちゃった。(笑)
今まで「大人が居ない」と言うと「そうですか」で終わったり、続いても「学生さんですか」で止まっていたのに「高校生」言われたよ。一瞬「さすがにそれはどうよ」と思ったのですが、なんかもう否定するのも面倒だったし、向こうもそれで納得したようなので放置。


相手「そうですか。高校生と言えば考えたり悩んだりすることが沢山あって、問題も多いですよね。そんな時期にこれからの道を選ぶのに役立つ冊子をポストに入れていくのでぜひ読んで下さい。」


一応そういうパターンも想定してあるのね。ボランティア活動の方は冊子をポストに入れて帰られました。


いつもセールス・宗教関係ははよ帰ってーという気持ちで受け答えしているので、彼らとのやりとりが終わった後は安堵感しかなかったのですが、今日はちょっぴり罪悪感が。
ごめんね、高校卒業してもう10年になるのに肯定しちゃって。
つーか、その冊子とやら思いっきり宗教じゃないですか…。やっぱ宗教って言ったら門前払いされるから「ボランティア活動」とか曖昧にするのかしら。でも伏せてもあんまり意味ないよね。

2005年4月14日 (木)

さて…メモ

あうーあうーあうー…いろいろしたいなーと思うことは沢山あるのですが、ありすぎて何から手を付けたらいいのか解らない状態のまま早1ヶ月以上(以上?)。
本音を言ったら劇的ビフォーアフター(部屋の模様替え)をまずしたいんだけど、こればっかりはひとりで全て出来るもんでもないので悶々としてます。
以下そんな心境とは全く関係ない締切の数々↓


・accessツアーチケットのFC優先予約申込締切…4月15日(金)明日やんけ。(笑)
・『鋼の錬金術師(10)』×ガンガン4、5月号連動企画ポータブルバッグ応募者全員サービス申込締切…5月11日(水)


あー、明日必ず郵便局に行って振り込みしてこなきゃ。さようなら7000円…。(行きたくないんかい:笑)
ガンガン5月号は購入したぜ。しかしガンガンつーのは分厚いですね。月刊誌ですからいいのかもしれませんが、結構重くてしかもかさばるよね。
ここ最近つまんない内容で申し訳ないっすね…。

2005年4月13日 (水)

白い狼

今日放送の『ト●ビアの泉』内のコーナー“トリ●アの種”にて、バウリ●ガルを使って「野生の一匹狼は何を言って(思って)いるか」を調べる、というようなことをやっていたのですが、当然日本には野生のオオカミなどいる筈もなくアメリカでの調査となるわけです。
アイダホ州の山間部でのロケでしたが、そこのオオカミさんの毛色が白…っぽいクリーム色というか、とにかくパッと見“白い”んですよ。
で、大陸オオカミ(と思う)らしくどっしりとした体つき。
それを見た瞬間のワタシの心の叫び↓


「キバだっ!」(by『WOLF'S RAIN』)


だって白い狼ですよー。キバですよー。
『WOLF'S RAIN』の中で一番好きな狼なもんで…。


トリ●アの種のネタとしても面白い内容でしたが、それを除いても白い狼ってだけで姿勢が前のめりでした。


だいたいはネコ科動物の方が好きなのですが、狼だけは例外でイヌ科動物であってもトキメキます。
出来るものならチェザのようにオオカミの首あたりをワシャワシャ撫で回してみたいです。(現実では無理です)

2005年4月11日 (月)

ワタシが雨を降らせたか

今日台所のベランダに出る窓の拭き掃除をしました。外側だけですけど…。


いや、ベランダに設置してる物干竿がワタシが一人暮らしをしている頃から使っていた(かれこれ6〜7年)もので、さすがにステンレス素材も剥がれてくるものよと寂しい姿になり、昨日新しいものを購入しまして、それと交換作業をするだけのつもりだったのですが、窓見たらものすごい汚れようでしてね…。
そういや引っ越してきてからこの窓拭いたことあったっけー?と冷や汗が出てきたので拭きました。
だってね、あのまま物干竿を新しくしてもこの窓に触ったら明らかに洗濯物汚れるよ…ってな具合だったんだもの。
しかしガラス●イペットのような洗剤があるわけでもなく、水拭きでおしまいですが。


朝から薄曇りでちょい寒かったのですが、せっせこ拭きまして、ああそれなりに綺麗になったわね、と作業を終えたら雨が降ってきました
なんですか…普段しないようなことを突然やったから空が驚いたですか?(汗)


昨日の天気予報は雨を告げておったようですけどね。

2005年4月10日 (日)

不在だった間

4月始めに不幸がありまして、金曜日から翌週の火曜日まで師匠の実家に帰省しておりました。
火曜日に戻って来て翌水曜日から仕事に出たのですが、その久しぶりの出勤の夜に発熱しまして木金とまた仕事を休みました。
なので結局先週は水曜日1日しか出勤しておりません。


日記も帰宅から1日くらい休んで再開しようと思ったのですが、熱の為にふせっておりましたので昨日やっと書いた、という訳です。
洗濯物もえらい溜まりようでした…。土日晴れてよかった、本当によかった。


しかし久しぶりにしっかりとした風邪をひきました。
水曜日の仕事中から耳鼻咽喉に痛みが走り始めまして、「あー、こりゃやばいわー」と思っていたら案の定熱がありましたよ。
ワタシの風邪の症状は大体が鼻の奥の痛みから始まるので、とても解りやすいです。解りやすいからといってどうなるもんでもありませんが、でも本格的な風邪になる前に予防出来る時もあるのでどうにかなる時もあるかな。(笑)
けど今回はどっかり発熱してしまったなぁ。
こうどんどん悪化していくのが解るんですよ、仕事中に。最初は鼻の奥だけだったのに、そこから喉、耳と痛みがあらわれる場所が増えていくという。
帰る頃には若干ふらふらしてましたね。


今はすっかりよくなりました。それはもう熱があったなんて嘘のように…。

2005年4月 9日 (土)

2時間ドラマ-種運命感想ネタバレ有りマス-

どーもお久しぶりです。
前回の記事から2週間近くもあけてしまった訳ですが…そのへんのことは追々。


で、1週間経ってしまいましたが初見で語ろう種運命24話でございます。
初見と申しましたが実は2回見ておりますし、1週間も経過してしまったのであっさりといかせて頂きます。


■まず、叫ぼう。


温泉、グルメ、断崖絶壁…


2時間ドラマの要素を押さえたロボットアニメ『機動戦士ガン●ムSEED DESTINY』。


グルメの部分を虎さんの食していたきつねうどんだかソバだかで埋めるのはどうかとも思うのですが、ま、グルメはとって付けた項目なのでこの際置いといて…誰だ船艦に温泉なんか作ったヤツ。表に出てこい!


褒めてやろう。(褒めるんかい)


別に温泉でなくてもいいんだけどさ、カガリとラクスの会話が愛しかったので良しとします。正直な話、


おーれーもー、まーぜーろー!


な、あのシーン。師匠に「無意味な入浴シーン」と言われようともワタシはあのシーンに無理矢理にでも意味を持たせたい。ああ、持たせてやるさ。持たせてやるとも。
カガリの「これでよかったのかな…と思って」と呟いた声、艶っぽくて素敵です。ぐっじょぶ!進藤さん。
それと場面は変わりますが、ミリィからの電文に「アスランだ!」と言った時の嬉しそうな声…ぐっじょぶ!進藤さん。(しつこい)
女の子の場面は華やいでいいですね。ぐふ。


■ルナマリア
ストーキングですか?!
ままま、個人的な興味でも任務だとしてもそこまでやるか、な感じの徹底ぶりでしたが、問題なのは彼女の行動よりあっさり尾行されてるフェイスの立場なのでは…。
プラントに居るラクスが偽物だったり、本物ラクスが殺されかけたりっつーのを知ってしまった彼女ですが、その事が今後の彼女にどう作用するのか…変わんないってことはないよね。


■ミリアリア
やっと出番が!いやこれが普通なのかもしれませんけどね。むしろキラなんかが出張り過ぎな感じ?ともかくある意味彼女が一番中立な立場で現状をみていると個人的に思うので、ミリィが物語に絡んでくるのは嬉しいです。


■運命の再会…か
断崖絶壁で「そうよワタシが殺したのよ」とかいう…2時間ドラマから抜けきれてませんよ。しかしなんであの2時間サスペンスものっつーのは断崖絶壁とか、湖畔とか山奥とかそういうところじゃないと罪の告白しないんでしょうね。やっぱ追いつめられないと白状出来ないもんなん?
ま、そんなことは本編に全く関係ありませんが…カガリのノースリブが眩しいです。(は?)
なんだかお互いの気持ちが噛み合ってなくて、切ない再会になってしまったようなのであまり触れることはございません。
だってお互いが良かれと思って行動した結果だからね。あとは制作サイドが上手くまとめられるのかどうか…それだけです。しっかり!サン●イズ。


■レイ
彼は強化人間なのか?まて次回!そんなところで続くのか…くそぅ、見てやるさ、見てやるとも。
あー、やっとレイの秘密に触れてくれそうだよ。

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »