2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

ねこちか


picture pieces

  • 手作りシュシュ 6
    日々のカケラたち

好きだ!


  • 笑うかのこ様 1 (花とゆめCOMICS)

« まとめてどーん そのいち | トップページ | ヒロソロDVD »

2005年5月 8日 (日)

まとめてどーん そのに

2回に分けて書いたのでは「まとめてどーん」にはならないのではないか、と今更ながら気づいたひろすけです。こんばんみ。
では先程の続き、27話の感想から。



<27話>
■ギルさん…黒いかほりが。さぁ、これからどう出るか、ギルさん。
報告している人の「お声までそっくりだったと」って、あっちが本物ですたい。合間に映るミーアさんのお顔が怖いです。ほらほらラクス・クライン演じるならば人が見ていないときも気を抜かない。

え、エターナルぅ?
ダコスタ君だ。ダコスタ君て、「ダコスタ君」て“君”付けしてしまうのはワタシだけでしょうか?
アークエンジェルといい、エターナルといい、君たち隠すのうまいよね。クサナギもどっかにあるんではないかと期待(?)してしまうよ。

■あら、ジブリールさんお久しぶり。
この方イマイチ印象薄いよねー。見た目のは結構派手だと思うんですがね。アズラエルさんがトばしてる人だったからつい比較しちゃう。

■ルナマリアのストーキング、もとい偵察は…
タリアさんの指示だったのですね。ルナマリアがザラ達の会話を聞いたことによって、これからどう動くのか気になるところです。それでもザラに揺れ動くのかしら?

やっぱジャスティスかっこいー。

■レイ…もう画面に映るだけで心ときめくね。

■オーブのオヤジはかっこいいなぁ、もう。ウズミパパの影響かしら。
ユウナがかなりいいようにネオに使われてますね。お父ちゃん(ウナト)はやり手っぽかったけど、ユウナはぼんぼんのまんま終わりそうだ。

■ミリィ、AAに。
ラクスを送ってきたと思ったら今度はミリィを連れてきたよ、キラってば。
マードックさんとミリィの会話が素敵。上手く会話をつなげられるミリィがとても大人に見える。
その後のチャンドラさんとの会話にもときめいた。「エルスマンは?」の問いにあっさり「振っちゃった」って。そうか振られたかエルスマン。エルスマンはミリィのやることに「あーだ、こーだ」言ってきたんでしょうか。(笑)
ま、希望としてはお互いのやるべきことを確認して、それぞれの場所に向かったという状況だといいです。ディアミリも好きですよ。

■苦悩し続けるザラ…
食堂にて—残さず食えよ。(そういう問題か)食事はとれる時にとっておかないと。それもパイロットとしての務めです。(どっかで聞いた台詞だな)
納得のいく答えが出るまで苦悩して下さい。でも、そのことが原因で命は落として欲しくないがね。

■アウル、思い出せ  !
何か大事なことらしいから。前作の連合3人組よりいい関係を築けていたようなので、ステラの記憶を完全に消去することは難しかったのかなぁ。脳を弄るんだもんね。それは難しいよなぁ。スティングは気になったりしないのかしら。

■AAってばいい雰囲気。
ミリィが来たことによって前向きな空気が割り増しな感じ。みんなカガリに優しいなぁ。よかった、よかった。
カガリとラクスとか、カガリとミリィとか、カガリと他の女性キャラとの絡みが嬉しいです。カガリは、キラには喝(みたいなの)入れてもらって、周りの女性陣には優しくしてもらえばいいと思う。この回ではそんな雰囲気が見えたからカガリは大丈夫だろうな、って思うんだけど、ザラはそういうのミネルバでありそうにないからこれから恐いなぁ。

■キラの「行きましょう」でAA発進、双子出撃。双子いいよね…。



<28話>
■苦悩するザラ…と美しいハイネさん
なんか好きみたいね、苦悩するザラが。(笑)
回想シーンのハイネさんが美しくて眩しいわ。割り切れないのがザラだからなぁ…。ハイネさんの言うこと解るけど、実行するにはいろいろ有り過ぎたよね。

■ミネルバ、ボコボコですやん。
レイ機が片腕もがれちゃった時にはドキドキしたよぅ。自分もやられえてるのにルナマリアを気遣うレイがリーダーですな、と。適材適所って言葉を解ってる人だよね、きっと。(勝手な憶測ですが)最後まで生き延びてほしいなぁ。クルーゼさんと(ネオ<ムゥ>と)繋がりがあるとすれば雲行きあやしいんだけどさ。

■AAまたまた介入。
タリアさんはルナマリアの報告全部に目を通していないのか、それともそれを踏まえた上での決断か、多分後者だとは思うけどAAを敵認定です。まー、被害被ってるんだから当然か。

■ザラVSキラ再び
「アスラァーン!」「キラァっ!」…いや2人はこれですべてを表現出来ると思ってるよ。(笑)
しかし、MS戦闘は燃えます
キラがくるまでザラと対峙していたスティングは放っておかれて「オイっ」てな感じで向かって行きますが、キラにさっくり斬られて落ちていきました。邪魔するなってさ…。

■シン種割れ。
カガリがオーブ軍に停戦撤退を求めるとシンが「綺麗事を!」と種割れします。あら、やだ、ワタシやっと主人公に触れたよ。(笑:笑い事ではない)
種割れしたシンはかっこいいっすね。怖いくらいに。
カガリのことを回想するシーンにほんのちょっぴりだけシンカガを考えたワタシ。

この2人はねワタシの中で最も、いずれ分かち合ってほしいと思う2人です。シンにはカガリ(アスハ)を許して欲しいとは言わないから解ってあげて欲しいとは思うのですよ。

■そんなシンにアウルが撃たれた。
え?アウル、あれで最期?うっそ?

■キラってば…

「カガリは今泣いてるんだ!」

参りました。(白旗)この回一番の山場ではないかと。
ザラもこれには負けちゃったんじゃないかなー…みたいな。
望むことは一緒の筈なんだけど、キラはとにかく内側(自分の手で直接守れる人たち)から、それに対してザラは外側(世界をいい方向に持っていってくれそうな人たちに協力する形)から、方法が対照的なのかもしれない。う、うまく言えなくてすみません。
ザラは器用ではないのに攻め方が大きいよね、と思いました。

■セイバー…そんな簡単にバラバラにされなくても。
キラの台詞(上記参照)に激しく動揺した為と思われます。なんだかんだ言ってザラの足元崩されるのはカガリのことが一番大きいのかしら?と思ったヒトコマ。

■オーブのオヤジは…
“漢”で泣ける。トダカ一佐もそうですが、ババ一尉でしたっけ?彼も切なかったです。軍人として、それ以上もそれ以下もなかったんでしょうね。
あとみんなカガリのこと好きですよね。国家元首として未熟ではあるけれど、国民には愛されているようで嬉しいです。多分ね、もう少し時間をかけて学べばいい代表になってると思うのですよ。

■トダカ一佐…
爆撃から助けて、その後の面倒までみたシンに船ごと斬られるなんて…皮肉ですね。でもこれ後でシンが自分で恩人を斬ったことを知ったら、シンの方が辛いよな。知って欲しいような、知らないままでいて欲しいような。複雑です。

しかもその時のインパルス怖えぇ〜。不気味な空気背負ってますよ。



散々な状態で戦闘停止ですか?
29話は議長視線の総集編です。これも見たんですけど、感想は次回に。
総集編なんだけど、かなり楽しめましたよ。いや若クルーゼさんとちびっこレイが、ね。

« まとめてどーん そのいち | トップページ | ヒロソロDVD »

Gシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まとめてどーん そのに:

« まとめてどーん そのいち | トップページ | ヒロソロDVD »