2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

ねこちか


picture pieces

  • 手作りシュシュ 6
    日々のカケラたち

好きだ!


  • 笑うかのこ様 1 (花とゆめCOMICS)

« 『EPISODE I 』は | トップページ | 北へ帰りたひ… »

2005年6月25日 (土)

miniがやってきた

師匠は初代iPodを持っていて、主に通勤(と一人電車旅)時に活用しています。
月日が経つにつれiPodさんもminiちゃんが出たりshuffle坊やが出たりと進化して、師匠のあいちゅーんずの中身も増えて、新製品に魅力を感じちゃったりするわけです。
しかし師匠は初代のあのくるくる感が好きらしく、なかなか買い換えまではいかないまま幾年月。
その間ワタシはiPodに魅力を感じつつも、移動手段は主に車な人間な為、たまの電車移動も電池の持ちの悪いMDウォー●マンで間に合わせていました。

師匠には度々購入を勧められていたのですが、上記のような理由で特に不自由も感じていなかったし、先立つものも無かったので「そのうちね」と見送っていました。

それでももし買うなら「miniだな」と勝手に決めていた彼のブツが我が家に!

ipod7














左:miniと箱 右:Dockに設置した状態

ipod6











携帯電話と比較。


しかも今なら無料で裏に文字を入れてくれるそうなので、入れてもらいました。
ipod5
















小さくて接写が難しい為、かなり写りが悪いですが「(上)THE SUN(下)HIRO」と入ってます。

何故購入に踏み切ったのかといいますと、某DA氏のクラブイベントに参加された方からの情報で、某DA氏が某HT氏(いや既に名前出してるから意味ないこの伏せ字:笑)の誕生日に贈ったプレゼントが「シルバーのiPodだ」ということが判明しましてね…


シルバーの、っていうことはminiですよねぇ大将!


と鼻息荒く注文しました。

え?購入資金はどうしたかって?
実は我が家では500円貯金をしておりまして、500円玉が出たら有無をいわさず貯金箱に入れるという。それがまぁminiが買える程には貯まっていたわけですよ。
で、そこから。
が、しかしそれはほとんど師匠の財布から出た500円玉でして、ワタシはあまり貢献していなかったので、「使っていいよ」と言われても「いやそれは悪いよ」と断ってきたんです。


ええ、今月までは。


ところがプレゼントの情報を得た途端「買います、買わせて下さい、ってか買わせろ」
ゲンキンな奴ですね。(今に始まったことではない)

というわけで、ウチの御大(師匠)からひと月早い誕生日プレゼントとして頂きました。

« 『EPISODE I 』は | トップページ | 北へ帰りたひ… »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: miniがやってきた:

« 『EPISODE I 』は | トップページ | 北へ帰りたひ… »