2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

ねこちか


picture pieces

  • 手作りシュシュ 6
    日々のカケラたち

好きだ!


  • 笑うかのこ様 1 (花とゆめCOMICS)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005年7月31日 (日)

あちあちです

今週末こそお部屋の片付けするぞ!と張り切っていたのに、ヤツに邪魔されました。

月に一度やってくる女体の神秘…。

昨日は眠くて眠くて仕方がなかったです。夕方寝こけているワタシを起こしにきた師匠が「死んでいるのかと思った」と言う程ぴくりとも動かなかったそうな。いやマジで子宮に支配される日々ですよね。しかも今暑いし。さらに動きが鈍くなりますな。はっはっは。


まー、それはさておき、今日は割と調子が良かったので少し片しましたよ。
気分的に…。
ええ、まだまだなんです。つーか、access再始動から購入を続けている音楽雑誌2種(PATI PATIとARENA 37℃)が溜まりに溜まっておりまして、必要なページだけファイルしてあとは処分しようと思っていて、結局2002年から約3年分1冊たりとも処分しておりません。今玄関に続くスペースに積み上げられております。
ファイリングの前にPATI PATIのヒロ連載(ご指名ありがとうございます)が発売決定されて、なんだかその必要もなくなってきたりなんだり…。

ワタシが後先考えずに買い集めていた雑誌に翻弄されている間、師匠には、これまた2000年度あたりから放っておいたクレジット等の請求書を手回しシュレッダーにかけてもらっていました。
ごめんね、師匠。実はアレで終わりではないの…。(告白)


ある程度片をつけたら、夕方は近所の日本料理屋さんに“土用の丑の日”に食べなかった鰻を食べに行ってきました。うな重おいしかったです。

2005年7月27日 (水)

日記のようなもの

古人は言いました、「鉄は熱いうちに打て」と。感想なんてものは興奮冷めやらぬ状態で書くのが一番いいです。なんのことかって?


トークショーの感想文のことですよ


中編まで書いて最後締めてないじゃん、ということに気が付かぬ振りをしていたのか、ワタシは…。と言いつつ、だからといって今日の記事にするわけではないのが、ワタシ。(ふざけてんのか)


この夏はいろいろあって楽しいですが、身の回りのことがまったく片付かなくて困っております。
模様替え、部屋の模様替えしたひ…。ワタシのパソコン周りが腐海に沈みそうですよ。助けてユパさま。


台風が暴れて去っていきまして、わかっちゃいるけど今日は殺人的に暑かったです。洗濯物が干したとたんに乾きそうな勢いでした。エアコンつけるとだるい…なんて微塵も思わずに朝起きたら電源入れてましたよ。夜にはだいぶ涼しくなりましたが。
で、気が付くと明日は土用の丑の日ではありませんか。先日テレビで見た「土用ってなぁに、丑ってなぁに」という永●園の松茸のお吸い物のCMソングが頭から離れません。鰻…買ってくるか。

2005年7月24日 (日)

種運命ちょこっと感想-ネタバレ有るかもよ-

昨夜はうっかりエウレカのことを忘れかけていて、結局寝たの4時とかなんですけど、なんとか7時に起きまして、無事待受画面ゲット出来ました、ひろすけです。
おはようございます。(もう夜です)


エウレカを見て、続けざま種運命とワンピースを見たんですが、種運命のウズミパパのメッセージ場面でカガリと一緒に大泣きしていました。別に「おとうさまぁっ」とかは叫んでませんけどね…。週末から泣き通しだなぁ…全部漫画とアニメだけど。年をとると涙腺が緩くてね。
狙いをわかっていてもウズミパパとカガリのシーンは泣く。
ザラ、ウズミパパを超えるのは難しいぞぉ。(嬉)


それにしてもユウナはおバカでかわいい。会見シーンでもあのまんまなのね。軍司令部でカガリからの通信に答えてる姿も可哀想でおもしろい。
つーか、今回のカガリかっこよくなかったか?
そう思うと対比でザラもちょっと可哀想な感じがしたな。早くケガ治るといいのに。精神的に立ち直るのはすぐには難しいだろうから、せめて身体だけでも先に直してあげてー。


あー、あと新MS“アカツキ”は百式に対してなのか?
いーやー、カガリにきんきらきんのMSは合わない気がするよ、個人的に。暁っつーんなら赤系でもよかったんじゃね?何?ザラと被る?


お揃いでいいじゃないか


新挿入歌登場…前作『暁の車』と同じ制作者&歌手でタイトルが『焔の扉』
昨日鋼の映画を観てきたワタシにとって、ウズミパパ→大川透←マスタングでつながってしまうのでそのタイトルは狙っているのかと思ってしまった。違うだろうけどタイミングが…。


さて、いよいよシンとカガリの対峙だ!というところで次回はまた総集編だ。
サブタイトルは「リフレイン」…


製作サイドは総集編を繰り返し過ぎだ


その後ワンピ見たら眠くなって昼過ぎまで寝ちゃいまして、早起きした意味が無くなってしまったり。


blogのテンプレート変えてみました。
夏らしく爽やかに!と先月あたりから思っていたのですが、ココログになかなかコレというテンプレがなくて、リッチテンプレートに最近できたものにしました。シンプルで見やすいのがいいんだけど、そういうのって少ないですね。

2005年7月23日 (土)

鋼見てきました

夕方の地震はえらいことになってましたね…東京震度5って大丈夫だったのでしょうか?
ワタシは出先のトイレにて遭遇しました。いや最中ではなくて手を洗って化粧直ししてたんですけどね。
大きな揺れが突然きたので一瞬状況を把握出来なくて、立ちくらみしちゃったのかと思いましたよ。


で、見てきました劇場版『鋼の錬金術師-シャンバラを征く者-』。
引換券持っていってポストカードもらってきました。
パンフはブックタイプとポスタータイプがあって、もちろん両方購入してきました。
内容については触れませんが、思いがけず大粒の涙をこぼしてきました。
師匠の「マスタングとホークアイが足りない!」の言葉に、ロイアイに目覚めたのかと驚いたりしました。(実際にはそんなことはありません…と思ふ)


ま、ひっかかりも所々感じつつ、完全なものなど存在しないのがこの世の常なのでそれはそれとして楽しめました。

2005年7月22日 (金)

鋼見てきます

明日から公開の劇場版『鋼の錬金術師-シャンバラを征く者-』を公開初日にみてきます。


公開前日の今日はコミックス『鋼の錬金術師』11巻の発売だったのですが、コミックスとガンガン本誌と劇場版連動で、引換券を持っていくと劇場で原作者荒川先生描き下ろしのポストカードがもらえるらしいんですよ。(先着順ですが)
そのポストカード欲しさに午前中コミックスを買いに本屋に走りました。
(ガンガンは付録欲しさにすでに購入済み、というかそこで知った)


コミックスを買って出勤前に読みました。
泣きました。おもしろいけど、切ないなぁ。


鋼だけを買うつもりで足を運んだのに、『アニメーションRE』とかいうたっかい雑誌も買ってしまいました。
表紙のエルリック兄弟(劇場版)だけでは買わなかったんですよ…でも“BONESクロニクル”とかいう文字に惹かれて買ってしまった。
DVD付き980円、安いのか、高いのか。

2005年7月21日 (木)

夏生まれの猫は体が弱いんでしたっけ?

とうとうバンコランの歳を追い越してしまいました、ひろすけです。
はぴば、自分。(イタいな…:笑)


こうやってどんどんキャラクターが年下になっていくのですね。
そういやサザエさんが24歳だということを知った時の衝撃は忘れられません。


今日は自分でケーキを買ってきました。
先日デコレーションケーキを食しましたので、今回はショートケーキを…


6個


買い過ぎですよ。


いや、ケーキ屋さんに行ってね、自分の好きなのだけ買おう!とか思ってショーケース眺めたらどれもおいしそうで、おいしそうで。
選びきれないよぉ…
しかし絞らねばなるまい…なるべく直感で食べたいと思ったものを師匠と半分こ、と3種類6個を購入してきました。


これから食します。
今日はアールグレイをアイスティーで。

2005年7月19日 (火)

まぶた腫れはれ

右のまぶたが昨夜からどうも腫れ気味で触ると痛いのですが…ものもらいでしょうか。
使い捨てコンタクトのストックが無くなったので今週あたり眼科に行こうと思っていたのに、状態が悪化したらコンタクト外せって言われそう。
眼鏡…は短時間ならいいけど長時間は疲れるし、度数がきつい為著しく顔の感じが変わってしまうから好きじゃないのです。
あと2〜3日で治らないかなぁ。

2005年7月17日 (日)

読みたひ

『Newtype』を買う為に本屋さんに行って、漫画売り場をウロウロしていたらトートツにBL漫画が読みたくなってきました。
ホ●漫画でもいい…。

時々むしょーに読みたくなるんですよね…。
でもBL漫画はよっぽど好きな漫画家さんだとか、ものすごい内容が気に入ったとかでないと、ほとんどの場合後で手放すことになるので慎重に選ばねばなりません。
ので、今回は売り場をウロウロしただけで帰ってきたんですけど。

こういう時同じ趣味の友達が近くに居てくれるといいな、と思います。
学生時代は漫画の回し読みし放題だったじゃないですか。自分ではちょっと買いそうにないけど読んでみたい、とかいうのも友達が持ってたりして。

貸本屋とか漫画図書館とか…あるといいなぁ。(そこでBL漫画ばっかり借りるのもどうかと思うよ)

2005年7月13日 (水)

きょうはなんのひ?

Patrick Stewart氏の誕生日ですよ!


というわけで、今年もまたデコレーションケーキを注文してまいりました。
自分の誕生日や師匠の誕生日には買わないくせに(ショートケーキで済ましてしまう)、なにゆえ彼の誕生日にデコレーションケーキを食すのか…
来年はヒロの時も買っていいですか?師匠。(ヲイ)


相変わらずうんちく関係は師匠にまかせて、ワタシは画像担当でいかせて頂きますよ。


ケーキは昨年と同じお店で、同じ生クリームデコレーション5号(直径15センチ)でございますが、今年はNASAのスペースシャトル“ Discovery ”の打ち上げもあるということで「発進!」を意味するお馴染みの台詞を文字入れしてもらいました。

cake_05


「ENGAGE!」(ピカード艦長ボイスでお楽しみ下さい)
engage


師匠に「コレ↑以外に何か特徴的な台詞はありますか?」と尋ねたならばMake it so(そうしろ、実行しろ、の意)というのもあるよ、との答えが返ってきたのですが、スペースシャトル打ち上げと合わせて上記のようにさせて頂きました。


そして飲み物はやっぱり「アールグレイ、ホットで」
caketea


では、いただきます。

2005年7月12日 (火)

トークショー感想文(中編)

前の記事いらない気がしてきました。とっととトークショーに触れろ、って思われていると思われ…(ニホンゴヘンデスヨー:今に始まった事ではなしに)


整理券は番号176の立ち見でした。
『Marimba Ensemble』自体21時15分からのレイトショーのみの上映で、集合時間はメモするの忘れちゃったけど確か20時35分とかそんな感じで、開場が20時55分とかそんな感じ。
また階段で並んで待機なんです。今度は一度8階までエレベーターで上ってから、整理券番号順に並んでいく形だったのですが、ワタシは176番なのでなんか下から行った方がよかったかしら、と思ったり。それでも、上るのと下りるのとでは気分的に違いますからね。
しばらく互いの整理番号を聞き合いながら開場待ち。男性のファンの方もいらっしゃってましたねー。お昼に見た金髪お姉さん組もちゃんといました。(そらいるよな)


劇場内に入ると、中ふたつの通路には入れませんでしたが壁際二列は扉前まで並べるようで、なるべく近くでみたいというお嬢さん方は並んでいらっしゃいました。
ワタシは出来るだけ真正面から見ようと思いまして、3区画に分かれた座席の真ん中の左よりの後ろに陣取りました。手すりもあったのでよりかかることができるなぁ、と思いましたし。
立ち見の人には座布団の貸し出しもしてました。主に通路に陣取った方用ですね。後ろは座ったら見えなくなるもの。
かっぷくのいい劇場のスタッフ(男性)さんが開演前のアナウンスで、一通りの注意事項を言った後、暑い日だったこともあってかやたらと売店に「キンキンに冷えたビール」があることを強調してました。いくら暑くてもビールはいらん。


さらにこのスタッフさん、開演前舞台に用意された三脚のパイプ椅子の設置場所を調整してたんですけど、多分ヒロが座るであろう椅子(真ん中と向かって右)を一度後ろにぐいーっと引いたんです。
その瞬間客席から


「え゛ー!!!」


ってな抗議の声が。(笑)
そしてその声を受けて今度は、ぐいーっと前に押し出し。すると客席、


「わー!!」パチパチパチ(拍手喝采)


最終的に椅子はバランスよく並べられましたが、面白い人だ。
舞台も整ったところでトークショー開始です。


秋原正俊監督、松田洋治さん、ヒロの順で右側の扉より入場。その並びで向かって左側から席につきました。
この日のヒロは黄色(レモン色?)のTシャツにジーンズ、薄茶色のサングラス着用というスタイルでした。サングラスは舞台にあがった時にはもう外して、Tシャツの首元に下げてましたけど。
特に司会進行がいるわけではなく、監督さんがそのような役割もする感じで進めていました。
「我々3人ともあまりトークショーというものに慣れてませんから」というような監督さんの言葉でスタート。


ロケ地:口永良部島での思い出から聞こうとしたら松田さんのマイクが入らない。
女性スタッフが舞台に上がってマイクを調べていたんですが、そのスタッフのおねえさんにヒロが自分のマイクを向けて「今日はどこから?」とインタビューするという場面がありました。(笑)
客席からくすくす笑いが出たんですけど、スタッフさん忙しいながらも「板橋(だったかな?)から…」と答えてくれました。
そんな感じの出だしから、この日のヒロはとてもお茶目さんでかわいかったです。


気を取り直してロケ中の思い出。

松田さん:都会に住む人間が考える“美しい自然”とはまた違った、そのままの厳しい…というか、美しいとは言いがたい自然を感じたとのこと。
この「そのままの自然」というのが、ワタシの文章ではわかりにくいと思うのですが、監督さんの話によると、例えば牛が死んでいても埋葬するとかなくて、その場所に死骸が放っておきっぱなしなんですって。
土砂崩れがあって人が落っこちた場所も直すでもなく(もちろん人は救助しますが)崩れたまんまだったり。
結構島の方はアバウトなようです。

ヒロ:島民の山口さんという方の話で、その人はサメと戦ったことがあるそうで…戦いの場所も案内してもらったそうです。
「そこで5〜6メートルのサメと向き合って戦った」とかいう話を聞いたヒロは心の中で、


「それってレ●ナルド・ディカ●リオの『ザ・ビーチ』じゃーん」


と思ったそうな。(笑)
(ワタシはその映画を観た事がないのでよく知りませんが、そんな話なのか?)

『ザ・ビーチ』の話題が出たところで松田さんが「『ザ・ビーチ』の時のディ●プリオの吹き替えは僕ですよ」と。
『タイタニック』と『ザ・ビーチ』は松田さんが吹き替えていたそうです。
(アメリカ版『もののけ姫』のアシタカの吹き替えの候補にディカプ●オがあがっていて、そういう縁で『タイタニック』の仕事が来たそうです。結局『もののけ姫』の方はサン役がク●ア・デーンズ:『ロミオとジュリエット』ジュリエット役だった為に、ロミジュリと被るということでディカ●リオの話はなくなったそうですが。
吹き替えの話がきたとき、松田さんが冗談で「僕と彼じゃ○(マル:ギャラの桁)がふたつくらい違いますよね」と言ったら、スタッフに「何言ってるんですか四つです」と返されたそうです。:怖)

『タイタニック』という名前が出るとヒロは「タイタニックってコレですよね」と言って、かの有名なヒロインの両手をひろげたポーズをとってました。
「今日はずいぶんノッてるなぁ」と思ったものです。



思った以上に長くなってしまったので、ここらでまたいったん区切ります。
次こそ後編で終わらせたいと思います。

2005年7月11日 (月)

閑話休題

トークショー感想文の後編をアップする予定が、昨日は『STAR WARS-帝国の逆襲-』を見てそのまま寝てしまいました。
今日は今日でまとめきれなかった…ので明日後編をアップします。

某艦長役の方の誕生日が明後日にせまっておりますね。
その準備しつつ、感想文…?あとはまとめるだけなのになー。ははは。

2005年7月10日 (日)

トークショー感想文(前編)

今日はひさびさの晴れになりましたので、たまっていた洗濯物を一気に片しました。
溜めたくはないんですけど、洗濯出来ても乾かないことにはどーにもならなくて…干す場所も限られますしね。
そんなわけで今日はジーンズまで洗えて気持ちのいい日でした。
しかし、暑い…


暑いと言えば、先週の土曜日(2日)も暑かったですね


ってなわけで、7月2日にテアトル池袋で行われた『Marimba Ensemble』トークショーの感想文です。(わー、無理矢理な持っていき方:笑)


いや、マジでね、暑かったんですよ先週の土曜日。
しかもワタシ、2時くらいに友人宅に着くまでほとんどというか固形物は全く口に入れてなかったもんで、整理券配布の12時半頃にはさすがにへろへろでした。
朝電車の中で食べる為の菓子パンは用意していたんですが、なんとなく食べそびれてそのまま…。
時間はたっぷりあったので池袋に着いてからどこかに入って軽食でも食べようと思ってたんですが、田舎人なものでひとりでお店に入るという行為がどーも出来なくて。(笑)ぐるんぐるん回ってやっとセルフタイプの喫茶店に入ったまではいいのですが、結局カフェオレしか注文できませんでした。ああ、ひもじい。
(後から気が付いたんですけど、映画館の通りの一本向こうにスタバがあったんですよね。そこに行けばよかった)

カフェオレ飲んでる間『親ばかの壁』(魔夜峰央著)を読んでました。
アレは、公共の場で読むものではないかもしれないな。くふくふ笑う不審人物になってたかも。(笑)ってか、なってただろ。

トークショーの整理券は当日の正午30分からだったので、30分前くらいに行けばいいかな〜なんて思って現地には正午過ぎに着いたのですが、

ヒロの人気を甘く見ていたよ…

入り口正面にエレベーター、それに向かって右側に階段があって、イベント参加の人はそこに並んでください、と書いてあったのでそちらを向くと…すでにエレベーター前まで人が並んでました
テアトル池袋はビルの8階なんですけどねぇ。
8階までこのまま上るのか?

列の中にですねぇ、異国のお姉さんも2人程いらっしゃいました。
金髪お姉さん…しかもひとりはラルクのジャケット写真に出てくるような綺麗な人でね。
でも一体誰のファンなんだろう?ヒロ?松田さん?監督?日本映画に興味が?(それは後日6日のライブで判明しました)

8階までの階段を上りながら途中、「これ整理券もらえなかったらどうしよう」不安になりましたさ。
だってミニシアター(みたいな感じ)だしね。ワタシのすぐ前の人で終了、とかさありえないとは言い切れない…(あんま、運のいい方でもないし)
とかなんとか勝手に不安がってるうちに8階まで上りきりまして、無事整理券をゲットすることができました。
立ち見でしたけどね。
何はともあれこれでトークショーに参加出来る〜。

整理券をもらった後すぐに友人宅に向かいました。心は晴れ晴れでしたが、身体は何も食べてないのでかなりヤバかったです。
最寄り駅から友人宅まで歩いていくつもりでしたが、友人の彼氏が車で迎えにきてくれると言うのに遠慮せずお世話になりました。(いや、待ち合わせ場所までの1〜2分も辛かったから。)

午後は友人宅でサークル活動して、夜また池袋に。
夜は映画館近くのスタバで軽く夕食をとりました。昼の二の舞は踏まないように。お腹がへってトークショーに集中出来ないなんて意味がなさすぎる。(苦笑)


と、ワタシの行動報告の方が長くなっちゃいましたね。
トークショー本編の感想は後編で。

2005年7月 9日 (土)

七夕のショートこんと

『雪山遭難』


隊員「眠い」(11:20)

隊長「寝るな〜!寝たらおしまいだぞ。しっかりするんだ!(雪山遭難風に)(11:24)

隊員「隊長…もう限界です…」(11:28)

隊長「夜が明ければ捜索隊が見つけてくれる。それまで耐えるんだ!ってこんなことしてていいのか?(11:30)

隊員「隊長だけでも助かってください」(12:02)

隊長「何を言ってるんだ。一緒に生きて山を下りるんだ!」(12:04)

隊員「むりです。隊長には内緒でしたが、さっき足を挫いてしまいました。」(12:09)

隊長「イヤだ。お前をおぶってでも下りてやる!」(12:12)

隊員「ダメです!それでは隊長が倒れたとき、誰が助けるのですか!」(12:18)

隊長「わかった。先に山を下りて助けを呼んでくるから、それまで諦めずに待っていてくれ。すぐに戻るからな!」(12:42)

隊員「隊長!信じています!」(12:59)



隊長「ふもとに着いた!いつでも迎えに行けるぞ。」(20:13)

隊員「隊長!そろそろ限界です…ワタシは××にいます。早く見つけてください…」(20:29)

隊長「よしわかった。すぐに行くからそこを動くんじゃないぞ。気を確かにな!」(20:31)



・・・・・・と、いうようなコント(?)をワタシと師匠の2人平日の昼間(7月7日七夕)にくりひろげてました、


メールで。


しかも片方は仕事中だよ…。(隊長下山以降は夜でしたが)
何をしてるんでしょうね、ワタシ達。つーか、


アホだろう?


どちらが隊長でどちらが隊員かはご想像におまかせします。
まー、なんていうかやり始めたらノリにノッてしまって、さらに止める人もいなかったので楽しく続行してしまった結果な訳ですが。
アホだー、と思いながら「これはネタになる!」と喜んだのも事実。そして相方に、「日記のネタにしていい?」と(一応)許可を求めたら「OK」が出たのも事実。
ほら、やっぱり


アホだろう。

2005年7月 8日 (金)

いきなり次回予告?!

「眠い」


このひとことからソレは始まった…
雪山で遭難した探検隊隊長と隊員、襲ってくる眠気、寒さとの戦い、そして隊員はケガを。
隊員を助ける為に隊長は救助を求め単独で下山を試みた。
2人は無事に下山することが出来るのか?


待て、次号!(へ?)



あー、眠いです。

-------------------------
プロフィールの写真変えてみました。
ライブの戦利品とともにぱちり、です。
お顔の前に出してるパンフはすんげーいいです。ライブ行ってない(行けない)人もこれだけは買って欲しいな、とおすすめしたい一品。そのうちオフィシャルで通販してくれると思うんでぜひ!
写真は期間限定で、そのうちまた新しいのに変えます。
つーか、バナー作ろう。バナー。

2005年7月 7日 (木)

もっとー

ライブ明け、身体のあちこちが筋肉痛で運動不足を嘆くべきなのか、筋肉痛がまだ翌日にくることに安心するべきなのか…それが問題だ。(運動不足を嘆きなさい!)


いってきました!access東京中野サンプラザライブ!
暴れてまいりました。おかげで今日は全身筋肉痛です。
筋肉痛、確かに翌日にきたが起き抜けよりも午後からの方が痛みを感じるところがひっじょーに気になります。やばいよ…。


ライブはとても楽しかったのですが、なんだかあっという間でちょっち物足りない。
楽しかったからこそあっという間に感じたんだと思うのですが、なんだか1回きりの参加では満足出来なくなったこの身体と心…贅沢になりましたなぁ。
ま、そうは言いながらも来月にはイベントもあるわけですし。1ヶ月なんてあっという間ですよ。(年をとってる証拠でもありますがね…あっという間だなんて)


とはいえ、なんだかんだ言いつつ、現地で久しぶりにお会いするお友達ともお話し出来て、かなり浮かれて楽しんでまいりました。(Aさん&Aさんのお友達お二人ともありがとうございました)


感想文はトークショーの感想と順次アップしていきたいと思います。今週末中には。


感想文の為のメモ
・全体的にaccess2人の絡み少なめ
・ヒロは堀Jに絡む事が多かった気がする
・LYIN' EYES(ラップ有)のヒロのダンス
・DAソロはかっちょいい
・新曲2曲(nack5のイメージソングともういっこ)
・MOONSHINE DANCEの2人の顔合わせもグー
・ライブ本編のMCは少なめ、てかほとんど無し
・アンコール時にMC集中…MC、ってかコント?


最後に叫ばせてくれ。



DA&HIRO…accessサイコー!!

2005年7月 5日 (火)

こなれてきました

風邪引きそう…だったワタシですが、昨日のリポDが効いたのか回復著しいです。
仕事中ちょっと喉がつらいかなー、と思ったりもしたのですが(のど飴きらしてたし)、喉以外は昨日あった頭痛もなく調子が戻ってきました。
「病は気から」なんて言葉がありますが、ワタシ程その言葉を実感している人間はないと思いまぷ。
とりあえず明日のライブに間に合ってよかったです。
しかし明日のライブで大声出して喉は悪化するかもしれないなぁ…あはは。
念のため今日もリポD飲んで寝ます。


午前中軽く掃除をした後、明日の準備をしていました。
昔はたった一泊に「なんでそんなに持ってく必要があるんだよ!」ぐらいの大荷物になったものですが、ワタシも近年旅慣れてきまして気が付くと「これで足りんのか?」とちょっと不安になるくらい軽量化されていました。
ホテルに泊まるので着替えと化粧道具くらいなので、まぁこんなもんだろうなとは思うのですが、以前はアレもあった方が…コレもあった方が…と結局は必要とする場面をむかえないものをつめこんでいたのですよ。
ま、昔に比べて今はいざ必要になってもコンビニで事足りる時代ですからね。そういう安心感もあるのでしょう。


ほんの数年前まで人に手を引いてもらわねば都会を歩けなかった人間が、気が付けばひとりで電車を乗り継ぎ、ひとりで東京の街を歩いているんですから、だいぶこなれてきましたなぁ。
これがaccessのライブに行くことで鍛えられたかと思うと、愛の力って偉大ね。(違)


そんなわけで(どんなわけだ)、明日accessの中野サンプラザライブに参加してきます。
明日集うみなさまよろしく〜。

2005年7月 4日 (月)

いやーん

土曜日、『Marimba Ensemble』のトークショーに行ってきました。
ってな報告をしようと思ったのですが、何やら風邪をひいてしまった模様です。
明後日はaccessライブなので風邪なんかひいてる場合じゃねぇんすけど…。
そんなわけで感想文はライブから帰還後にアップしたいと思います。
今日と明日で風邪をなんとかしなければ!


感想文の為のメモ
・席順は向かって左から監督、松田洋治さん、ヒロ
・調子の悪いマイクを調整するため舞台に上がった映画館スタッフにインタビューするヒロ
・ロケ中の思い出、松田さん→都会に住む人の考える自然と現地の自然の違い、ヒロ→島民の山口さんの「サメと闘ったことがある」という話
・サメと闘った話から『ザ・ビーチ』(レオナルド・ディカプリオ主演の映画)→『タイタニック』と『ザ・ビーチ』のディカプリオの吹き替えは松田さん
・ヒロが島に滞在中の食事はカレーライス、オムライス他ごく普通のメニューだったのに対し、松田さんの時は伊勢エビが出た
・共演者の女子高生(女優)さんとトランプをした話
・幻の焼酎“あいこ”と“みたけ”にまつわる話
・3人(監督さん、松田さん、ヒロ)のある共通点→皆子役(劇団)出身、ヒロ→劇団わかくさ、松田さん→劇団ひまわり、監督→あ…忘れた(汗)
・また映画出演するらしいっすよ…ヒロ


自分の為のメモなんだが、これでだいたいの内容がわかる気がしないでもないな。(笑)
さー、リポD飲んで寝るぞ。

2005年7月 1日 (金)

雨か…

明日は友人たちとサークル活動の日なので上京します。
サークルともうひとつ目的があるんですけど、それは整理券がとれて参加出来たら報告します。
多分とれると思うんですが…まぁ帰ってきてからのお楽しみということで。(なんだ意味深に:笑)


週末(というか、しばらく)関東地方は雨なんですよねー。しかも向こうは気温高そうだ。
身軽で行きたかったんだけどな。仕方あるまい。


んでは、いってきまぷ。

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »