2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

ねこちか


picture pieces

  • 手作りシュシュ 6
    日々のカケラたち

好きだ!


  • 笑うかのこ様 1 (花とゆめCOMICS)

« 鋼見てきます | トップページ | 種運命ちょこっと感想-ネタバレ有るかもよ- »

2005年7月23日 (土)

鋼見てきました

夕方の地震はえらいことになってましたね…東京震度5って大丈夫だったのでしょうか?
ワタシは出先のトイレにて遭遇しました。いや最中ではなくて手を洗って化粧直ししてたんですけどね。
大きな揺れが突然きたので一瞬状況を把握出来なくて、立ちくらみしちゃったのかと思いましたよ。


で、見てきました劇場版『鋼の錬金術師-シャンバラを征く者-』。
引換券持っていってポストカードもらってきました。
パンフはブックタイプとポスタータイプがあって、もちろん両方購入してきました。
内容については触れませんが、思いがけず大粒の涙をこぼしてきました。
師匠の「マスタングとホークアイが足りない!」の言葉に、ロイアイに目覚めたのかと驚いたりしました。(実際にはそんなことはありません…と思ふ)


ま、ひっかかりも所々感じつつ、完全なものなど存在しないのがこの世の常なのでそれはそれとして楽しめました。

« 鋼見てきます | トップページ | 種運命ちょこっと感想-ネタバレ有るかもよ- »

ぼんず枠」カテゴリの記事

コメント

> ロイアイに目覚めたのかと驚いたりしました。
いや、目覚めてませんが…
この映画は全てに於いて足りないと思うデスよ。
説明が必要なところもあるし、設定に変なところもある。笑いも少ない。
この映画の見所である「各人の再会シーン」は良いと思う。
でも再会シーン以外はいまひとつ…
(こんな感想でごめんなさい)

>師匠

>>こんな感想でごめんなさい
そんな感想も有りだと思いますよ。
ひとつでも良かったと思うところがあれば、ワタシはそれでいいと思うのですがね。
当初アナタは鑑賞する予定なかった訳だしね。

>>いや、目覚めてませんが…
目覚めてないんですか。
ノーマルカプだから大丈夫だよ。(何が:笑)

地震の起きる少し前、喫茶店の私の向かいの席の女性4人組が、なにやらカードを見せ合ってました。「はがね」でした。
(^_^;)あきらかに少女達ではない面々。

あぁ、封切りを観たのだな、と思ったのでした。
「シークレットが」と言いながら、金属系のものを見せ合ってましたがご存知かな?

コンバンハ!?
お久し振りです!?

『鋼の錬金術師-シャンバラを征く者-』見てきたんですか???
何と羨ましい!?!?!?
ッとここで1つだけ質問です。
『鋼の錬金術師』は、今作『鋼の錬金術師-シャンバラを征く者-』で終わりなのでしょうか???
エルリック兄弟の一応の決着は着いたのでしょうか???

>イメカさん
コメントありがとうございます。

カードのようなものは劇場で、来場者先着30万名(全国)に渡される“入場証明書”なるものだと思われます。
エド、ロイ、アルがそれぞれ「劇場で鑑賞した」ことを証明してくれるもので、ワタシと師匠はアルでした。
同じ人からもらっちゃったんですけど、違う人からもらったら別バージョンだったかもしれません。

シークレットうんぬんの方はグッズのひとつピンズだと思いますよ。
ワタシは買わなかったんですけど、5種類+シークレット1種とありましたので。

ワタシ達が行った劇場では結構年齢層が幅広い感じでしたが、女性の率が高かったのは確かです…。

>Yokkoさん
コメントありがとうございます。

はい、さっそく見てまいりました。
アニメシリーズの鋼は映画で最後だと思います。
ま、いろいろほじくりたいところもありますが(笑)、個人的にはアレで終わりでいいと思います。(というか下手に続けてほしくはないかな)

そうなんですかァ~!?
映画版で完結なら、見るっきゃないですね!?

・・・誰かに、「早速見るしかないじゃないか!?」って言われちゃいそうですけどね!?(笑)

>Yokkoさん
先にも書いた通り細かい突っ込みどころは出てくるかもしれませんが、一見の価値はあると思います。

ワタシ個人的にはおすすめですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鋼見てきました:

» 劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者(FULLMETAL ALCHEMIST) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
「人は何かの犠牲なしに、何も得ることはできない。何かを得るためには、同等の代価が必要となる。それが錬金術における等価交換の原則だ・・・。」 荒川弘原作で、2003年10月〜2004年9月にTVアニメ化された「ハガレン」こと「鋼の錬金術師」の続編にあたる物語。 公開... [続きを読む]

« 鋼見てきます | トップページ | 種運命ちょこっと感想-ネタバレ有るかもよ- »