2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

ねこちか


picture pieces

  • 手作りシュシュ 6
    日々のカケラたち

好きだ!


  • 笑うかのこ様 1 (花とゆめCOMICS)

« 七夕のショートこんと | トップページ | 閑話休題 »

2005年7月10日 (日)

トークショー感想文(前編)

今日はひさびさの晴れになりましたので、たまっていた洗濯物を一気に片しました。
溜めたくはないんですけど、洗濯出来ても乾かないことにはどーにもならなくて…干す場所も限られますしね。
そんなわけで今日はジーンズまで洗えて気持ちのいい日でした。
しかし、暑い…


暑いと言えば、先週の土曜日(2日)も暑かったですね


ってなわけで、7月2日にテアトル池袋で行われた『Marimba Ensemble』トークショーの感想文です。(わー、無理矢理な持っていき方:笑)


いや、マジでね、暑かったんですよ先週の土曜日。
しかもワタシ、2時くらいに友人宅に着くまでほとんどというか固形物は全く口に入れてなかったもんで、整理券配布の12時半頃にはさすがにへろへろでした。
朝電車の中で食べる為の菓子パンは用意していたんですが、なんとなく食べそびれてそのまま…。
時間はたっぷりあったので池袋に着いてからどこかに入って軽食でも食べようと思ってたんですが、田舎人なものでひとりでお店に入るという行為がどーも出来なくて。(笑)ぐるんぐるん回ってやっとセルフタイプの喫茶店に入ったまではいいのですが、結局カフェオレしか注文できませんでした。ああ、ひもじい。
(後から気が付いたんですけど、映画館の通りの一本向こうにスタバがあったんですよね。そこに行けばよかった)

カフェオレ飲んでる間『親ばかの壁』(魔夜峰央著)を読んでました。
アレは、公共の場で読むものではないかもしれないな。くふくふ笑う不審人物になってたかも。(笑)ってか、なってただろ。

トークショーの整理券は当日の正午30分からだったので、30分前くらいに行けばいいかな〜なんて思って現地には正午過ぎに着いたのですが、

ヒロの人気を甘く見ていたよ…

入り口正面にエレベーター、それに向かって右側に階段があって、イベント参加の人はそこに並んでください、と書いてあったのでそちらを向くと…すでにエレベーター前まで人が並んでました
テアトル池袋はビルの8階なんですけどねぇ。
8階までこのまま上るのか?

列の中にですねぇ、異国のお姉さんも2人程いらっしゃいました。
金髪お姉さん…しかもひとりはラルクのジャケット写真に出てくるような綺麗な人でね。
でも一体誰のファンなんだろう?ヒロ?松田さん?監督?日本映画に興味が?(それは後日6日のライブで判明しました)

8階までの階段を上りながら途中、「これ整理券もらえなかったらどうしよう」不安になりましたさ。
だってミニシアター(みたいな感じ)だしね。ワタシのすぐ前の人で終了、とかさありえないとは言い切れない…(あんま、運のいい方でもないし)
とかなんとか勝手に不安がってるうちに8階まで上りきりまして、無事整理券をゲットすることができました。
立ち見でしたけどね。
何はともあれこれでトークショーに参加出来る〜。

整理券をもらった後すぐに友人宅に向かいました。心は晴れ晴れでしたが、身体は何も食べてないのでかなりヤバかったです。
最寄り駅から友人宅まで歩いていくつもりでしたが、友人の彼氏が車で迎えにきてくれると言うのに遠慮せずお世話になりました。(いや、待ち合わせ場所までの1〜2分も辛かったから。)

午後は友人宅でサークル活動して、夜また池袋に。
夜は映画館近くのスタバで軽く夕食をとりました。昼の二の舞は踏まないように。お腹がへってトークショーに集中出来ないなんて意味がなさすぎる。(苦笑)


と、ワタシの行動報告の方が長くなっちゃいましたね。
トークショー本編の感想は後編で。

« 七夕のショートこんと | トップページ | 閑話休題 »

ひろとーく」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トークショー感想文(前編):

« 七夕のショートこんと | トップページ | 閑話休題 »