2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

ねこちか


picture pieces

  • 手作りシュシュ 6
    日々のカケラたち

好きだ!


  • 笑うかのこ様 1 (花とゆめCOMICS)

« 今日は(BlogPet) | トップページ | 最近の読書生活 »

2007年1月11日 (木)

垣間みる師匠の影響

気がついたら漫画版エウレカのコミックス最終巻である6巻が発売されてまして(先月発売か?)、やっとこさ購入。
目にした限りの読んだ人の感想は「どうなんだろう…」と、あまりよい印象ではないのが多かったのですが、まぁ、ワタシはそれはそれで有りかな……と思ったラストでしたよ。


それでは感想……の、前に……
コミックス131P、スカブコーラルにつかまったレントンを助けようとしてエウレカがニルバーシュで立ち向かい、その際にスカブコーラルが言う台詞が、

「抵抗は 無意味だ」

……ボーグ?

師匠の影響を垣間みたひと時。(解る人だけ解って下さい:笑)


以下ネタバレを含みます。




やましげー!!

おっと…これは中の人(注:アニメでドミニク役だった山崎樹範さん)。(笑)

仕切り直して。

ドミニクー!!!(涙)

ドミニクが死んでしまうなんて……さすがにそれはワタシもショックだった。
アニメではアネモネとハッピーエンドだっただけに。むむむ……
ただ、この6巻ではすごくかっこよかったです、ドミニク。それだけに余計に泣けるよ。えぐえぐ。
アネモネが寂しいだろうがー!


あといつにも増してグロテスクな場面が多かった気がします。
アニメもねー、爽やかな日曜の朝に放送していいのか?ぐらいな場面が沢山ありましたけど。(笑)


漫画版ではレントンはひとり戻ってくるのですね。
エウレカが生きているのかどうか、を曖昧にするというのはそれでもいいんじゃないかなと思います。
アニメと全く同じにする必要もないし。一応希望を持たせるような描き方もしてたし。


個人的に好きなのは、アニメにしても漫画にしてもレントンのことを好きだと自覚してからのエウレカの可愛さです。
ちょっと少女漫画してるくらいがいいよね〜。
レントンの精神的・肉体的成長具合はアニメの描き方の方が好きかもしれない。


最終回を迎えて寂しさもありますが、アニメを原作として難しいことも多々あったであろう漫画を担当されていた片岡人生さん・近藤一馬さんおつかれさまでした。

« 今日は(BlogPet) | トップページ | 最近の読書生活 »

ぼんず枠」カテゴリの記事

コメント

>「抵抗は 無意味だ

くっくっく(笑)。すぐにボーグが浮かぶあたり、かな〜り内部で同化されてる様子…。

>セーラーメ〜さん
なにげに10年の付き合いですから、同化されますよね……

もちろん無意味なので抵抗はしていません。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 垣間みる師匠の影響:

« 今日は(BlogPet) | トップページ | 最近の読書生活 »