2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

ねこちか


picture pieces

  • 手作りシュシュ 6
    日々のカケラたち

好きだ!


  • 笑うかのこ様 1 (花とゆめCOMICS)

« てぃきは嫌悪しないです(BlogPet) | トップページ | 学ランは浪漫だよね »

2007年2月 2日 (金)

金剛周期

ただいま超個人的に内でも外でも絶賛ヘビロテ中のaccessのミニアルバム『Diamond Cycle』の感想でも…とふとCDジャケット見てたら、タイトルの綴りが『diamond cycle』になっててどっちやねん?確かめたる!と思ってオフィシャルに行ってみたらサイトがリニューアルされててびっくりしました。
前置き長いひろすけです。こんばんみ。

「あら、ずいぶんとメニューが増えてそれっぽくなったこと…」と思ってクリックしてみたら準備中のところが多いの。

中途半端な!!(笑)

で、結局『ダイアモンドサイクル』は『diamond cycle』が正しいようです。あれ?前からそうなってた?


以下レビューにならない感想です。

* * *


1. Stay
元が『SUMMER NIGHT BREEZER』なんですね。詞をHIROではなくて浅倉作品でおなじみの井上さんが書かれているという。雑誌のインタビューで「(作詞が自分でないのは)一人の表現者として参加したい為」というようなことをHIROが言っておりました。
『SUMMER〜』からは随分様変わりした感じですが、これはこれで好きです。
これまた雑誌のインタビューから…大介さんが「おもしろがって作った」と言っていまして、聞き込んでいくとその気持ちが解るような気がします。
access作品には珍しくラップの方が入ってらっしゃいますね。最初驚いたけど違和感はないと思う…ワタシは。
あとHIROの中音域以下の声の魅力が出ててドキドキする。

2. Bright Sight
ライブで初めて聴いた時は割とメジャーっぽいといいますか、それまでのaccessにはないタイプかな〜って感じたんですが、そうでもない?(笑)
もっとキー高いイメージがあったけど、あれはライブだったからかなぁ……
歌詞のイメージは別れがあると思うのですが、哀しいだけではない次に進もうという気持ちも書かれてますよね。そんで詩的だ。
この曲はとにかくHIROの声が切な甘い……甘い

3. Inner Cycle
ワタシのイチオシ曲です。
この曲をライブで初めて聴いた時心がすごいザワザワしたのを覚えてます。何言ってるかさっぱりだったんだけどね!(笑)
ボーカルがボーカルぽくないと言いますか、音源のひとつ端的に言ったらHIROという楽器のような。
『Rippin' GHOST』の『balearic GHOST』がお気に入りだったので、あんな感じのボーカルにフィルターかけたような、ちょっと潜めたような作りの曲また出ないかな…と願っていたので、もうこの曲が出た時は「accessの二人にしてやられた!」と思いましたよ。
こちらもHIROの中音域以下の声がいかんなく発揮されててたまらん。色っぽいのぉ。

4. CATCH THE RAINBOW
最後に“らしい”曲を持ってきた、という感じ。
曲調もらしければ、HIROの歌詞もらしい言葉遊びの一曲と思われます。
先の三曲が聴かせることを重心とするならば、こちらは(ライブで)一緒に弾けてね、というイメージかなぁ……

今回は全体的に大人なaccessですね。あだるちー。



限定盤DVD
1. Stay PV
はれんちえいぞうぉぉぉぉぉ……(まだ言うか)
半裸の男女が目隠しプレイ(注:大袈裟)て。これをはれんちと言わずしてなんとするか。

2. Extra Track
それは夏っすか?夏まで待てっすか??マジおあずけっすか???


ブックレットの写真がかっこいいんだけど、けど……

なんの仕事人か?!

開いてコンセプトを悟った瞬間「これは笑うところか……」真面目に考えてしまった。
HIROはともかく大介さんはブレインで現場担当じゃないよね。


* * *


そういや今日はBrent Spiner氏のお誕生日だった……師匠の日記読んで気がついた。

« てぃきは嫌悪しないです(BlogPet) | トップページ | 学ランは浪漫だよね »

ひろとーく」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金剛周期:

« てぃきは嫌悪しないです(BlogPet) | トップページ | 学ランは浪漫だよね »