2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

ねこちか


picture pieces

  • 手作りシュシュ 6
    日々のカケラたち

好きだ!


  • 笑うかのこ様 1 (花とゆめCOMICS)

« お久しぶりで…す | トップページ | 今日はこまねこさん »

2007年11月17日 (土)

そんなに書くことがあったのか

毎週毎週「うおぉええぇ〜?!」ってところで終わるな、だぶおー。
なんというか早い段階から色々起こったり出てきたりしてすごいドキドキハラハラするよ!
毎週、来週が気になって気になって…って気持ちになるの。制作側の思う壷なひろすけです。こんばんは。

スカパーで放送始まったら保存しようと思います。

そんなわけで感想。長いです……↓

第七話『報われぬ魂』
メルマガで「少年兵だった過去の記憶を呼び起こした刹那は、思わぬ行動に出る」とか書いてあるから、何すんだよセッちゃん?!と思ってたら、

ハッチ開けろってか!ハッチ開けてるし!!

な展開だった。
そら思わぬ行動だな……

クルジス時代のちびセッちゃん、え?あの、まさかの…親殺し?目、どこ見てんの?
聖戦に参加するための第一条件がそれ。土曜日の夕方にまた厳しいの持ってきたな、と思いましたよ。またアレかT田さんだからか。

ハッチ開けて生身で向き合ってどうする気だよなセッちゃんとサーシェスさんの緊張を破ったのはロック兄さん。
間を打ってきた光に一瞬だけヴァーチェ?とも思ったんですが、ヴァーチェの火力じゃ当てなくても溶けてるよな…と気付いた。
ハロに「ハズシタ、ハズシタ」と言われてるけど、当てたらセッちゃんも巻き込むだろう、と。兄さん……それだけでロクセツ的には萌える。

兄さんはそのまま通信を試みるけど、スメラギさんにとりあえず訳は後で作戦を続けろと。CBとしてはそうだよな。

アレルヤのセッちゃんまたなんかやらかしたみたいだよー、な通信に「今話す気分じゃない」とぶっちぎるティエリアさん。ティエリアさんにしてみればそーだよなー。

しかし、今回のGンダム凄すぎだよなぁ。地上でも各機飛行可能なんだ…今までだと地上だとどうのこうの宇宙だとどうのこうのってあったような気がするんだけど。そしてすごいとこ通ってるなぁ。

放送前、今回のGンダム(MS)あんまり好みじゃねぇんだよな〜と思っていたのに、民間軍事会社(名前忘れた)の本部の前に4体並んだ姿を見たら「あー、かっこいいかも…」と考えてる自分にもう好みが解らなくなってきました。(そんなもの最初から無い)

待機場所となっている孤島でマイスター4人。
先週の次回予告で兄さんセッちゃんを殴ってる?と見えたものが、やはり殴っているで間違いなかった。教育的指導。(ビシ)
でも理由聞き出そうとする兄さんに優しさを感じちゃうのはあれか、そういう目(腐女子的な)で見てる所為だろうか。(多分)

しかしティエリアさんは容赦がない。理由はどうあろうと作戦中に勝手なことすんなって。エクシア降りろと銃を向けるティエリアさん。
兄さんの教育的指導は受けるけど、エクシアは降りないとこちらも銃を向けるセッちゃん。どっぷり過ぎるよセッちゃん。

テェリアさんの言うことももっともだけど、新しいマイスター用意すんのは大変じゃね?と思っていたら優しいアレルヤがフォローしてくれたわ。
「違反した僕が言うのもなんだけど」ってアンタ可愛い子ねー、アレルヤ。ワタシの中のアレルヤの株がどんどん上がってくんですが、どうしてくれよう。(どうもせんでいい)
セッちゃんも含めてヴェーダ(だっけ?)が選んだマイスターでしょ、僕たちは…と。だから意味はある筈だと。

セッちゃんが「俺自身が、俺が生きてることが意味だ」みたいなこと言ってた気がするんですが、ごめんうろ覚え。

というところに、先週新武装持ってきてくれたおじさまが無差別多発テロが起こってる、ということを知らせにきます。
そして兄さんの通信機に留美ちゃんから「CBが武力介入をやめて武装解除しなければテロを起こす、という声明が発せられた。マイスターはその場で待機」という指示が入ります。

テロかよ…という話をしてるところでまたもティエリアさんが冷静に「そういった事態も予測してたし、自分たちがやってることも同じようなことだろう」と。
ロックオン兄さんにとって「テロ」は何やら深い理由もあってか許しがたいことのようで、いつもは飄々としてるあなたが…とティエリアさんに言われる程熱くなるようです。
確かにあんな怒りあらわにしてる兄さんは初めてだよね。というかそういうのもこんな早くに出てくるとは思わなかったんで。ドキドキだよ。

で、テロだろうが紛争であるならば武力介入するのがCBで、実行するのがGンダムと自分たちマイスターだろう、とセッちゃんが主人公らしいセリフを言って次回に続くでございます。

次回予告、来週はいよいよセッちゃんが“運命の女(人)”マリナに出会っちゃうよ。マジ展開早いなだぶおー。もう会っちゃうのかよ、とも思ったんだけど会うだけならまぁあるか。

個人的に、腐女子的な考えを外しても24歳と16歳で恋愛要素は入れることが出来るのかなぁ…と思うのです。
Gンダムの流れ的に兄弟・家族関係になるのかな〜と予想してました。マリナさんの年齢が24歳だと知った時に。
実際、8歳差で恋愛感情が生まれないとは思わないしアリだとは思うのですが、セッちゃんの人物背景からだと恋愛よりも先にまず家族的なところから心をほぐしていって欲しいなぁ、と思ったもので。

ま、兄弟説は今日の冒頭の親殺し(?)描写で消されたようなものですが。あそこからマリナさんと実は兄弟でしたー、って持ってくのは無理がありますよね。
“運命の女(人)”と出ただけでそれが恋愛色だけとは言えないでしょうしねぇ。うーん……
なんにせよ次回を見てみないと解らないし、見てもハッキリするとは限らないよね。

ちなみに今日の待受プレゼントはサーシェスさんでした。ハロまだ?もしかしてもう出た、の?

先 週「ロクセツ的になんかくる」と書いたけどそれどころじゃなかったなぁ……と見てたんですが、なかったなぁ…と感じつつ、あの砂浜でのやり取りの後落ち着 きを取り戻した兄さんがセッちゃんを気遣ったりしてたらいいなぁ…ハグとかしちゃえよ、と考えたワタシの脳は立派に発酵してるんだと思います。

« お久しぶりで…す | トップページ | 今日はこまねこさん »

Gシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そんなに書くことがあったのか:

« お久しぶりで…す | トップページ | 今日はこまねこさん »