2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

ねこちか


picture pieces

  • 手作りシュシュ 6
    日々のカケラたち

好きだ!


  • 笑うかのこ様 1 (花とゆめCOMICS)

« 大人になれよ | トップページ | ああ、もう12月 »

2008年11月18日 (火)

00 4

溜まりに溜めてしまいました。もうさらっといきます。
あ、欲しいな〜とぼやいていたDVDは師匠の「BOX出るまで待てば?」の言葉に迷っています。うん、待てるかな…

だぶるおーの感想、以下よりどうぞ。

#4『戦う理由』

ものすごく気になった予告のキスシーンはふたを開けてみたらあっさりと「そういうことだったの〜」的な展開でした。うん、でもちゅーする必要はあったのかにゃ。

・アレルヤの洗礼
アレルヤの名はマリーが付けてくれたのか〜。それは大切な存在になるよね。
しかも祈りの言葉って凄いなマリー。
ちみっこアレルヤの可愛さは尋常じゃない。

・せっちゃんとマリナ様
ミレイナ「ふたりは恋人なのですか?」

刹那・マリナ「違う/違います」

即答かよ。(笑)
ミレイナのツッコミもうんうんと頷いたけど、ふたりの答えもそらまぁそうだよな…と思いました。そこでyesと言われても「えええ?いつの間に??」である。
「乙女の勘がはずれたですぅ」…ま、今のところは。

・「一杯つきあってくれませんか」
アレルヤがスメラギさんを気遣って…るんだと思うんですが。
単純に話を聞いてもらおう、というだけでも構わないですけどね。
なんにせよ、まだぐだっていたスメラギさんにその先の行動を促した結果になりました。(…よね?)

・「Mr.ブシドー」
これ軍内で公認なの?(笑)

・後半のMS戦闘
アロウズが新型のMA出してきて掃討作戦始めた為にピンチなトレミーですが、やる気になったスメラギさんとGンダム4機の連係プレーで形勢逆転です。
ああいいね。ロボットアニメを見てるね。

フェルト「刹那」
刹那「了解」

ここに燃え(萌え)ました。この二人の絡みも好きですよ。

アレルヤの「刹那、海上に出る」で変形してトランザム発動のアリオスと、それにつかまってざっぱんと飛び出すダブルオーもたまらんかったです。
以前雑誌の記事で、アリオスは変形するとサーフボードみたいになるけどその上にMS乗ったりするの?ってなことをアレルヤ役の吉野さんが監督に質問して、監督は「乗ることはないです」と答えてたけど、海中でつかまってはいたね。(笑)

・スメラギさんのサービス
で、終わるかと思いきや絶望で憤慨しているビリーさんで締めでした。
あああ、怖い。

・で、問題のちゅーシーン(これだけは長くなりそうなので)
ここの、ライルのシミュレーションの様子をうかがっていたところからビンタして去っていくまでのフェルトがめっさ可愛くてどうしようかと。
はがが、ってなる。

ライルの「君の視線よく感じるんだけど、なんで」とかわざわざ聞くなよ、いやらしいヤツだなオイ、しかしそこがいいみたいな展開です。
ハロの「フェルト、ロックオンスキ!ロックオンスキ!」に慌てるフェルトとかなー、あーやっぱり恋愛感情込みだったんだー、と。
「兄さんじゃないぜ」に「わかってる。うん、わかってる」のフェルトとかもー!!ほんとどうしてくれよう(どうもしなくていいです)

自分は以前のロックオンとは違うと気付かせる(確認させる?)ための行動なのね、ちゅー。
ちゅーじゃなくてもいいような気がしたけど、相手が恋愛感情で見てることをふまえてなのか。それでも「あとで部屋に…」は余計だったと思いますが。(笑)あわよくば喰っちまおうって魂胆か。

「比較されたらたまらんだろう」も身内が、それも双子の兄弟が在籍していた組織に来ることを了承しておいて比べるなつーても難しいですぜ、と思ったんですが、構成員としての比較はともかく恋愛のようなプライベートな部分まで比較されちゃたまらない、という意味を含んでいるのならば気持ちわかります。
そら困るよな。

挑発のようなちゅーにビンタで返すというある意味ベタな展開でした。
しかしこれでロックオンとフェルトの関係を完結させたんだったら寂しいなぁ。この先もっと何かありませんか?期待しちゃダメっすか。

1期の途中からロックオン(ニール)×フェルトにハマって勝手に盛り上がってましたが、何故かこの4話のちゅーシーンのおかげでライル(ロックオン)×フェルトに大盛り上がりです。
フェルトの年齢が18、9に上がったのも理由のひとつで、1期よりもお姉さんになったフェルトと彼女より10年上なのに弟気質なライルの組み合わせがツボ。

年の差カポーは大好物なんですけども、個人的に14歳と24歳では恋愛しにくいなぁと思ってました。出来ないことはないですが、好みの問題としてです。
14歳の憧れで終わってしまった感がありますが、18、9歳と29歳ならがっちり恋愛に持ち込めると思うわけです。というか、持ち込みたい。(笑)

フェルトがニールとライルの違いを正面から受け止めて、ライルをロックオンとして見始めたら初恋卒業して新しい恋にいけると思うんですよ。まぁこの場合相手がロックオン(ライル)である必要もないんですが、ワタシはロクフェル推しだからね。

ライルはライルでフェルトが自分を兄とは違うと解ってくれた上で、ライルとしてのロックオンに好意を抱いてくれたら悪い気はしないんじゃないかと思ってます。
え、だって違うことの証明の為にちゅーして部屋に来いとまで言うんだぜ。そうなっても良い気持ちもあったんでないの?(笑)

・パスワード発表時の
フェルト(だよね)、動揺してるの?
本編のちゅー事件を受けてだったら萌える。

さらっといくつもりが長くなった。主にロクフェル語り。ちょっと落ち着け自分。

« 大人になれよ | トップページ | ああ、もう12月 »

Gシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 00 4:

« 大人になれよ | トップページ | ああ、もう12月 »